理解できるか微妙なところではありますが、
クラブヘッド、クラブの重さは
グリップを動かす為のモノです。
スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)

あたりまえですが、グリップを動かせば
必ずヘッドは動きます。
そして、人間とクラブの接点はグリップで
人間が動作をしないと グリップは動きません。
スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)

グリップの移動や動作を制限し、
ヘッドだけを動かそうとすると
ものすごく微妙な動き・動作で
ヘッドを管理しなくてはなりません。

遠くへ飛ばすことも重要ですが、
ある程度正確に、ある程度反復して
ショットすることも同様に重要です。

上手く打てた時、ミスした時、
それを繰り返したり、修正したりするのは
人間の動作です。
グリップを移動させず、ヘッドだけを動かす方法では
あまりに微細な修正や意識が必要になります。

ヘッドの重さで、
直接ヘッド/ヘッドだけを動かしてはイケマセン!


ヘッドの重さでグリップを動かして
ヘッドを動かせば、自分の動きでスイング管理できます。

ヘッドの重さで、直接ヘッドを動かしてしまうと
自分の動作は その重さの虜
その重さを処理することばかりに使われてしまいます。




imageCAX9G566



遠心力は作ってはイケナイ

体の回転に 腕やクラブが遅れてしまうのは
特にグリップが体の回転についていけなくなってしまうのは
クラブの重さが無駄に重くなるからです。
4bcbe6f4

体の回転に遅らせない ようにするには
クラブ、ヘッドの重さがグリップに掛かっている
ヘッドの方がグリップよりも高い時間帯に鍵があります。

ヘッドの方がグリップよりも低くなってしまうと
その重さは 位置関係上、スイングを留める
グリップを遅らせることに多く働きます。
クラブが重くなっていることもありますが、
道のりも長くなっているので
労力や気持ちばかり、速く多く動かしていると感じるだけです。
スナップショット 1 (2016-11-26 15-46)
多くのゴルファーの「振る実感」「打つ実感」は
だいたい ここです。

ですので 最近のプロを見ていると
非常に強く感じるのは
「ヘッドスピードや動作は異様に速いですが、
 打つタイミングは異様に遅い」
です。

ショットにおいて 「一番美味しい時期」を逃して
まるで キャッチャーミットにボールが入ってから
振り始めているほど「遅い」「振り遅れています」

 そこからのスイングは異様に「速い」ですけどね…。

ショットは 速く振るより
 早く打つほうが 効率よく 飛ばせますよ。