メリークリスマス!! らしいです、世の中は(^_-)-☆



ゴルフのスイング、クラブの扱い方を
その重さ配分から 『振り子』と思っている人は少なくありません。
いえ、もしかすると 半分以上、実感では8割近い人が
そう妄信しているように感じます。

振り子の仕組みはザックリ行ってしまえば
糸によって ある定点に固定された重量物が
重力に引かれるエネルギーが 揺れ/振り子運動を
作り出します。
摩擦や空気抵抗がなければ半永久的に運動を持続し、
ここが誤解しやすいポイントになりますが
👉👉👉👉最下点で最高速度になります
4232-30-1

振り子として その機関を成り立たせるのには、
✊糸が固定されているコト
✊運動と重さによってかかる負荷と
 同等以上の糸の強度

が必要です。
固定部も糸もその双方ともに、
外に引かれるチカラ…ゴルフの場合は遠心力に相当しますが、
それと同じ以上の張力・・・この場合は「求心力」が必要になり、
元々 先端の重量物が対象性のある球体だったとしても
その運動には回転・角度運動が含まれているので
実はゴルフクラブのような歪んだモノには不適切な方法なのです。

糸の定点になる箇所を 固定することも不可能ですし、
その先端にある重さをフリーで運動させるには
常時、その反対方向に求心/張力、引っ張っていることが前提です。
よって 機械や機関としてそう言う働きを作っておかず、
それを人間がやるのには 非常に効率の悪い運動になります。

まあ そんな面倒な説明はなんなんですが、
ゴルフクラブなんて よく考えてみると
動かす自分が「グリップを動かした分しか ヘッドは動かない」
のは当然な訳で、
本来、その運動速度や運動量、運動方向ですら
グリップを動かした分 なのです。

何回も書いていますが、ゴルフスイングは
そのゴルフクラブの『角度』を生かしてボールを打ちますので
スイング動作そのものは 単に横・水平運動と言えます。
傾き〜前傾姿勢があるので 錯覚しやすいに過ぎません。
そして 単にステップを踏んで、クラブを横に動かす のでは
欲しい速度を造り切れないので、
体を回転させているに過ぎない と言う認識がないと
ゴルフクラブの性能・特性を引き出せません。

ゴルフクラブを 振り子
先端を方を「より多く、より大きく、より速く」動かそうと
すればするほど、ゴルフクラブの特性
ロフト角度やライ角度・重心位置や慣性モーメントは
まったくもって違いの出ない無意味なモノになってしまいます。


こう考えると分かりやすいかもしれません。

壊れてしまってエンジンのかからない友達の車を
自分の車でけん引するとします。

牽引ロープは10mとしましょう。

友達の車は自走できません。
ハンドルやブレーキなどは 物理的に機能はしますが、
エンジンのかからないので補助アシストはありません。

広場で 10mの半径の円を描こうとすると
牽引ロープが10m、
そして 友達の車には当然、重量がありますから、
ある速度までは 友達の車は
殆ど場所を動かず、引かれるだけ
 その場でくるくる回るだけです。

ある速度を超えると 今度は
半径10mの円周よりも
壊れた友達の車は外に脹らもうとして
逆に 引いている自分の車を外に引っ張り
元々 描こうとしている円をなぞることは
出来なくなってしまいます。

だから なんと言えば良いのか。。。ですが、
車の牽引の場合、
引く動ける車が軸点になって
 牽引ロープの長さの半径 壊れている動けない車を
 移動させるのではなく、
イメージとすると 後ろの動けない車、
 その重量物が軸点になるような感じです。

6e87384e


私は実家の仕事柄、
この手の牽引の手伝いをかなりしました。
遠いところでは 長野から牽引して神奈川県横須賀まで
帰ってきた経験があります。



ゴルフとは直接関係ありませんが、
牽引のコツは
後ろの引かれている車のドライバーさんにあります。

まず 牽引ロープ、だいたいが収縮性のあるモノですが、
常時、張った状態を維持しなくては切れてしまいます。

ですので、前のブレーキを踏まず、
後ろの車がブレーキを使って
 二台をとめるようにする必要があります。
☆後方の車へのブレーキランプと言う点 でもです。

そして これはゴルフクラブの扱いと
非常に共通する点になるのですが、
後ろの引かれる車は カーブで
絶対に前の車よりも外で回らず
内回り、内回りをします。
でないと 前の車がまともに走れませんし、
必要以上に牽引ロープに負担がかかってしまい、
長距離の牽引には向きません。

前の車がカーブを曲がったり、速度を落とすと
直線路を定速で引いているのと異なり、
後ろの引かれている車の その扱いによって
 前の引いている車にも大きな影響が
生まれてしまいます。

皆さんのやっている ゴルフスイングは
クラブの長さに当たる半径でカーブを曲がっている最中、
前のひいている車が突然減速、停止し
その勢いで 外に飛び出そうとする後ろの壊れた車で
ボールを打とうとする行為です。

引いている車にも 外に脹らむ負荷が大きくかかるので
必要以上に内にハンドルを切らなければならなくなりますから
速度が高ければ
 二台ともスピンをして大事故になってしまいます。
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)

双方の負担も少なく、出来るだけ安全にカーブを曲がるには
引いている車の、ゴルフクラブで言うとグリップですね、
それの作り出すカーブ・円弧よりも
内回りをすると言うコトです。
(ゴルフクラブで言うと 長さ分よりも!)


慣れた二人でそれを行うと、
やたら車間が近い二台の車が普通に走っているように見え、
割り込みされそうになったりもします( ゚Д゚)

クラブを振る と言うコトの意味ではないのですが、
スイングは体の向きを変える回転動作で行います。
クラブの半径…長さ通の円を描こうとすると
そのクラブの造る張力〜遠心力によって
自分の動きや姿勢にも影響が大きく出ます。
IMG_0001_NEW

そのクラブの長さで出来る円弧よりも
当然、「重さの有る分」内回りして
スイングは行うモノなのです。