市販の一般的なドライバーヘッドの重さは 190g
弊社の悶絶ドライバーヘッドの重さは   240g

市販の一般的なアイアンヘッド(5番)の重さは 240g
弊社の悶絶アイアン(5番)のヘッドの重さは  320g



重い/軽い に関係なくヘッドの重さの使い方の
一番の誤りは 
「遠心力」 です。

クラブには当然『長さ』があり、
ヘッドの重さは 持つ棒・シャフトの延長線上に
重量は存在せず、ズレた位置にあります。
31954726

クラブの総重量/目方は 300g前後ですが、
その長さやヘッドの形状から
大人用の野球の木製バットとほぼ同等の重さなのです。

ゴルフショットの場合、遠心力を増やしても
スピン/ボールの回転の量ばかりが増え、
スピードは殆ど変わらないばかりか
その重さによって スイング中の姿勢はかなり影響を受けます。


また 遠心力は ゴルフクラブの
グリップからヘッド方向の 外へ、外へと膨らむ力です。
スイングには前傾姿勢もありますし、
それを無視する手打ちであっても、
斜め下方に振りますから、無駄に遠心力を造れば
地面も打ちかねませんし、
濡れているような滑りやすいグリップでは
 クラブそのものが飛んで行きかねません。
遠心力を造る行為は それそのもの、
この場合はゴルフクラブを、放り投げるのでなければ
遠心力を造る動作と同時に
クラブを握る=止める と言う相反する行為を
しなくて行けないのを忘れてはイケマセン。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

ボールを打ってから遠心力を造っても無駄ですし、
逆に、ボールを打つ前に遠心力を造れば
体はその方向に引っ張られるので、円弧全体は
右に寄って(右打ちの場合)しまいますから、
ダフリや程度が激しければ トップチョロにもなりかねません。
円弧の最下点が右に寄っても
 ボールの位置は変わってませんから、
その位置に合わせるため 同時に体を開きます、
『ボールを遠心力で飛ばすんだ〜』と妄信している限り、
しゃくり打ち、煽り打ち、体を開いて打つ
というのはパックで付いて回ります

百害あって一利なし、何のメリットも無いのです。
それは ヘッドが重くても、軽くても、
クラブが長くても、短くても 何も変わりません。



ヘッドの重さの使い方。。。で
とても大切になるのは、やはり『時期』です。

ヘッドの重さの本来の活用方法は
『グリップ・クラブ本体を動かす力』
『グリップ・クラブ本体を押す力』
 です。
スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)

遠心力は こと
 インパクト以前にヘッドとボールの位置関係や
 ボールを目標方向に飛ばす ことに関しては
単なる阻害要素、邪魔なモノでしかありません。

遠心力は 『グリップ:クラブの移動』
本来の、目的の方向に対し 阻害・邪魔でしかないのです。


まあ それも『時期』です。

スイングの中で
ヘッドの重さが グリップに掛かる時期、つまり
ヘッドの方がグリップよりも高い時間
 
と言うのが存在します。
この時間が 唯一、ヘッドの重さを利用する機会です。
MVI_0741_Moment

ヘッドの方がグリップよりも低い時間は
その重さは グリップの移動を妨げてしまいますから
増やせば増やすほど 移動速度に対しても、
グリップや打ち手の姿勢に対しても
 阻害要素でしかでしかなくなってしまいます。

グリップの位置の方が低い、その唯一の機会を逃してから
ヘッドの重さを利用しようとしても徒労でしかありません。

ヘッドの方が高い時期に その重さを利用するから
ヘッドの形状の意味、重心位置の意味 が
見えてくるのです。

 その意味を追いかけると
 スイング中に体の回転以外で
 ヘッドの方をグリップよりも速く低くなるような方法は
 クラブの機能を台無しにしてしまうと
 気づくでしょう。