imagesCAXUT058
昨今 プロアマ問わず、
インパクト時、自分の上半身(この場合は胸)に対し
誰もかれもが右を向いてインパクトしています。
 かなり極端に右向いていますね。

故に、首を痛めるゴルファーが増えています。


昔 ジャンボ尾崎が遼君本人に
アドバイスしていましたが、
良いインパクト姿勢とは 正面を向いて…
体に対し正面を向いてインパクトするものだ
と言うコトです。 その通りだと思います。
20161215Trim(3)(2)(2)_Moment

ゴルフクラブでショットする場合、
どのように取り扱っても
万人共に、体の構造に共通性がありますから
ある一定の ルール(規則性)が生まれてしまいます。

左を向けば、左が高くなりますし、
両腕の長さは同じですから
左を向いてインパクトすれば
右腕の長さを短く調整しないと ボールに当たりません。
右腕を使ってボールを打とうとすれば
当然、曲げる〜伸ばす のような行為になりますから、
それでは左手が届かなくなってしまうので
『左手のリードだ』みたいな言葉が多用されたりもします。
ohigas80



昨日の記事と類似した話になりますが、

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1959945.html

『ボールは上から打て』と言われます。

この言葉も鵜呑みにしてしまうと
より一層「上から打てなくなります」。

正しい意味合いの「上から打て」は
体の回転そのものが打撃行為の時のみ で
体の回転そのものが打撃行為であると、
ボールを打つ直前まで右を向いた区間・期間です。

右を向いていますから
体の傾き/前傾姿勢と体の向き の複合によって
✋左サイドの方が右サイドよりも低い
✋ショットしていく進行方向側が低い


その「時期」にインパクトに入ることを
「上から打つ」と言います。

つまり 上から打つ「サマ」、恰好ではなく
上から入れる「時期」を指すのです。

20170920_matsuyama-650x435ですので この体を捩じった
どこを前傾姿勢と呼ぶのかわからない
トップの位置では
既に 上から打つチャンス は無いのです。
既に体(骨盤)は正面を向いてしまって
いますから、一般的に思われている
ここから 下に振れば
その時間分、その時が立つ分、
体は開き、上を向きます。

mh結果、この言う姿勢になる訳で
これが典型的な「煽り打ち」です。

まあ 頑張ってるなー と思うのは
ここまで腰〜骨盤が開いているのに
肩回りは無理やり ボールを向いたまま
にしようとしてる……大変ですなー。

いつまでもちますコトか……

昨日の話を似てきてしまうのですが、
体の回転そのものが打撃行為でない多くのゴルファーにとって
「上から打とう」とすればするほど
「下に振ろう」とすればするほど
どんどん体は上を向いてしまいます
。逆効果です。

とは言っても 体の回転によって
上から下 という時間を逃していますから
下に振らないとボールに届かない
 というジレンマもあります。

ご自分で試してみると分かりますが、
鏡を見ながら、クラブ(ヘッド)を下に振ると
それと同等分 体は上を向き、
いったい 下に振っているのか、上に振っているのか
よく分からない状況になります。


これにはさらにおまけの話が付いてきます。
これもしつこく書いていますが、
✊ボールを上から打つ は イコール
✊インサイドから打つ と 共有の
同じ意味合いの言葉なのです。

これもヘッドの入ってくるサマ とか
軌道を直接的に指しているのではなく
体の回転そのものが打撃行為で
右を向いている間に
左サイドが低い間に
インパクトを迎える と言う意味なのですが、
なぜか 死語のような「真意」になりつつある現状は
非常に恐ろしい…です。