◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

テークバックは真っ直ぐ引くな!◆ゴルフスイング

 

ゴルフクラブは正しくは体の向きで動かします。
体の向きは背骨を軸とした回転動作です。
スナップショット 1 (2014-04-20 10-03)

アドレスを基本として
テークバックを取っていく過程で
体の向きを変えていくと
ヘッドは「IN」に引かれていきます。

多くのゴルファーはどこで聞いたのか
真っ直ぐ引こうとして、腕捌きで
ヘッドを真っ直ぐ引いてしまいます。
正しく出来ていなくて量自体は少なくとも、
体の向きは右向きになって行くわけですから
ヘッドを真っ直ぐ引くという事は
体からクラブ、グリップを離していくということに
なってしまいます。

ほんの5mなり、10mのグリーン周りのアプローチ
この練習、ドリルでクラブの初期の動かし方(移動のさせ方)
を覚えるといいと思います。

別の記事で書きましたが、
重量は 特に運動の始まりにとっては
そこに留まろうとする「エネルギー」です。
つまり体の向きでクラブを動かす
〜テークアウェイで右を向くとき
体の向きを変えて、グリップを移動させる量分と同じ
もしくはヘッド重量分ー
それよりも少なく
アドレス時からクラブ自体をスライドさせるように
「IN」に移動させる練習をするべき です。

スローな動作で これをすることは大変重要です。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

理屈で言うと
先端に質量の集中したものを
その移動根源であるグリップの移動「量」よりも
多く動かすという事は
結果として
 グリップの移動をどこかで止めなくてはならなくなります。
これが体の向きを変更を止め、
腕〜手でクラブを動かす習慣が付いてしまう「始まり」なのです。

同時に、長い棒の先に重さのあるものを
腕〜手というあまり大きくない筋肉で動かす訳ですから
初期クラブを動かし、グリップを止め
ヘッドに付いた「慣性」を利用して
テークアウェイを取る「癖」を付けてしまいます。

これによって「重さ」の間違った使い方も身につけてしまいます。

写真を見るとわかると思うのですが、
グリップとヘッドを同じ量動かしても
十分「円運動」に見える訳です。
スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)
視覚的に円運動を造ろうとして
グリップの移動量よりも「重さが多い」ヘッド部を
多く、速く動かそうとする「概念」がスイングを壊します。

ヘッドの方をたくさん動かそうとすると
グリップを軸にヘッドで「円を描こう」とすると
同時にテークバック時点で逆フェースローテーションする事も
覚えてしまいます。
右にヘッドを回転させ、左にヘッドを回転させる。
言葉で言えば 往復二つの動作ですが、
行きと帰りでは速度も異なりますし、
ゴルフクラブヘッドには重心位置と言って
握っている棒の延長線上からずれた位置に重量点が
存在しているので、ヘッドの構造上 右に位置している
重心が 右行きと左行き では
まったく負担感も操作感も大きく異なります。

たった5m 手で投げても出来るグリーン周りのアプローチ

スイングの基礎をよくも悪くも作ってしまうのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ