ショット・スイングにとって
基礎、成功する土台として
十分な
『からだの右向き』があります。

それを司るのは 右肘の高さ
そして両肘の高さ関係
 です。
千人

何度も繰り返しますが
前傾姿勢があり
 ◎前傾姿勢⇒胴体/骨盤の前部の股関節の角度差
      ⇒胴体/骨盤の前部の骨盤と大腿骨の角度差

その前傾姿勢が保たれたまま
からだが右向きになると
体の右サイドの方が左サイドよりも
その傾き分高くなります


その分、両肘の高さとしては
右ひじの方が高い位置になる筈ですが、
右ひじの方が低い位置をとってしまうと
その両肘の関係通りの体さばき・回転が始まってしまいます。
4f49c81d

ダウンスイング以降、右サイドが下がりがちな人は
概ね テークバックやトップでの肘の関係に問題があります。


テークバックは
左サイドで右サイドで押す よりも
右サイドの動きで左サイドを引いた方
『十分な右向きは取り易い』と思います。

そう言う意味でも
アドレスの状態から
右ひじを 飛球線後方に膨らませず
アドレス時の後方(背後)に
傾き分 高めに肘鉄をしていくように
動かすことをお薦めします。
dW l (2)_Moment

グリップを右に送り込まず
右ひじが曲がる分、右にではなく
グリップの位置を体に対し高くするようにすると
シャフトがクロスすることなく
クラブの重さでグリップを下げやすい位置に
行き易いと思います。
スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)

右ひじは体の外、やや高めの位置を
スイング前に設定しておき
そこに直線的、ダイレクトに行けるようにしましょう。
右肘と右のお尻の連動感も大切です。