一般的に右打ちの人の弾道が
右に曲がる〜右回転が入る コト を
総称して『スライス』と呼んでいます。


右回転がボールに入るメカニズムは
ヘッドの移動してきた軌道に対し
 ライ角度等も含め立体的に
フェース面が右を向いている時、発生します。

スライスの飛ぶ方向として 大別して二種類あります。
❶アドレスの向きに対し真っ直ぐ、
 もしくは右に出て 右に曲がる
❷アドレスの向きに対し、左に出て、右に曲がる


なかなか評価が難しい所ではありますが、
❶の方が 現時点ではOBなどで苦労していますが
 修繕は簡単です。
逆に❷の方が 現時点で実践的であるので
 修繕の必要性が薄いのもありますが、
 軌道そのものが左に飛ぶ軌道になっており
 それに対し、フェースを閉じる作業が強く
 入っています。
 一般的には ❶から始まり、訓練を経て
 ❷に行き着いています。

フェースの閉じ・ヘッドの回転・ローテーションは
すればするほど 基準になる軌道が左向きになり易く
それに応じた 立体的なフェース面の向きを
かなり練習して習得しているのでしょう。


もう一つ スライスの飛び出る上下の方向というのがあります。
,笋篦磴瓩鉾瑤喀个董.好團鵑多く入り右に曲がる
 △鉾罎戮襪閥覆る量が大きく、弾道も速め。
高めに飛び出て、スピンが緩やかに入り右に曲がる
 ,鉾罎戮襪閥覆りが少なく、弾道も遅め。


コチラはヘッドの入ってくる上下の角度に対しての
ロフト姿勢の作り方 が関係してきます。
,肋紊ら入れられていますが、それに対しロフトが開いて
 フェースが開いています。➡スライスの初歩段階と言えます。
△論り打ちが入っています。
 当たった時に飛距離は,諒が飛ぶんですが、
 △諒が曲がりが少なく、飛びませんが使える球筋…。
 修正の必要性に迫られないので治しにくいパターンです。


例外もない訳ではありませんが、
方向の❶ 右に出て右に曲がる は
角度の …磴瓩暴个謄好團鵑多く入り曲がる

のパターンが大半で
方向の❷ 左に出て左に曲がる は
角度の◆々發瓩暴个涜腓く曲がらない
(←
飛ばない
    
☞飛ばないから痛手を負わない…のですが…


年齢とともに飛ばなくなってくる
体力が落ちてきた時に
❶,離僖拭璽鵑枠距離回復の余地がかなりありますが、
❷△離僖拭璽鵑魯好ぅ鵐阿鯊臧に改善しないと
   かなり苦しくなります。

❷△離乾襯侫 爾蓮.▲廛蹇璽舛覆百鵑擦砲茲辰
ゴルフを構築している場合が多く、
しゃくって・あおって クラブだけを振っても 上手く打てる
アプローチを修練によって身に着けているので
そこから脱するのは難しい…ケースが多いでしょう。

また ❷△離乾襯侫 爾梁燭は
軽いヘッド・硬いシャフトを好んで使う傾向にあるので
体力で補えなくなった時、助けて貰う手段が少なくなります。

出来れば 早いうちに自分のクラブの扱い
スイングを見つめ、将来の為にプランを立てておきましょう。