ゴルフスイング・ゴルフショット
これを行うのに とても重要なのに忘れられている、
もしくは無視されていることがあります。



確かに ミスショットをしたり、当たり損ねたりすれば
ボールはヘッドとコンタクトしますから
ヘッドの通り道や姿勢などヘッドばかりに意識が行きますが、
クラブヘッドは勝手に動くわけではありません。



それは何かというと、
クラブ、そしてクラブヘッドは
グリップの動かし方次第
 だという事です。

例えば です
多くの人は テークバックの取り方を
体そのものの動きやヘッドの動きで考えがちですが、
本来考えてみることは
 グリップの移動のさせ方 なのです。
MVI_0670Trim(2)_Moment(2)

モノの道理でいけば
グリップを動かした方向に ヘッドの動きます。
ヘッドの移動源だからです。
にもかかわらず ヘッドとグリップが反対方向に
動く場合が多々発生します。

テークバックでヘッドターンさせれば
ヘッドは体の右側に、ボールから離れようとしますが、
その反作用でグリップは体の左側、ボールに近づこうとします。

ダウンスイングで ヘッドターンさせれば
ヘッドはボールに近づいていこうとしますが、
グリップはボールから離れていこうとします。

ディッシュアングル方向、ライ方向、トゥ~ヒール方向に
ヘッドを下げようとすると
グリップは上がろうとします。

ヘッドターンはヘッドは回転させますが、
必ず クラブも回転させます。
この動きは クラブそのものの移動を妨げる
後ろに留まる動きになるので
スピードは減退し、ショットのモーメントを下げます。

このように 意志を持って
『ヘッドを』、『ヘッド単独を』動かそうとした時
グリップが必ずその動かしたい方向と反対に動き、
結局、動きそのものを減退・相反・相殺させてしまい
必要以上の量や速度の動きが必要になります。
002

飛ばすには速度は必要かもしれませんが、
不必要な道のりや不安定なショットになりがちな
余計な動作や速度を取り入れなくてはなりません。


ゴルフクラブの使い方として
ヘッドとグリップが違う方向に行こうとする場合
基本、扱い方を誤っています。
e00bf7e6

ゴルフクラブは長い棒状の形状です。
先端部のみを意識して動かそうとすると
どうしても 支点 が必要になります。
棒そのものを動かす意識が必要なのです。