オーバースイング。。。
大きく振りかぶったスイングが悪いとは思いません。
自分の思ったテンポで、繰り返せるのなら
何も言う事はありません。
ありませんが、気にしている方は多いみたいです。
x459
全部のケース…という訳ではないですが、
オーバースイングの始まりは
「軽く感じるヘッド」 も原因の一つだと思います。


軽く感じる…とは 実際にヘッドの軽いモノ、
シャフトが硬く、ヘッドが感じにくいモノ、そしてその複合

ゴルフを始めたころは自分のクラブでなく
他人から借りたゴルフクラブで練習することも多い訳で
特に女性やお子様は 成人男性用のクラブを使って
見よう見まねでボールを打とうとし始めますから
少なくない原因なのではないかと思います。

弊社の試打クラブで
同じ硬さのシャフトの入った ヘッド重量の大きく異なる
二種類のアイアンをお客様に打って頂くと
その二種類のクラブであからさまにスイングが変わります。

軽いヘッド⇒重いヘッドにクラブを移すと
数球で トップの位置がコンパクト になってきます。
これは誰が見ても分かるほど です。
逆に 重いヘッド⇒軽いヘッドになると
やはり数球でトップの位置が深くなってきます。
双方を同じように感じるよう
打ち手が調整するのだと思います。
480px-John_Daly_at_AmEx_Crop

同じヘッド重量で 硬いシャフト/柔らかいシャフト でも
同じことが起こります。

そこはクラブで解決しても良いでしょう。

オーバースイングが
なにか上手く行かない原因そのものではないですが、
体が開きやすくなるのは確かで
そう言う意味で改善したい方は
より重いヘッドのクラブ、より柔らかいシャフトのクラブに
移行すると劇的に変わると思います。



考え方の部分ですが、
オーバースイングをしている人は
「上げ過ぎ」 と思っています。
しかし、逆にそれがオーバースイングを助長している面が
あるのです。
ショットはどの道、テークバックで上げることになります。
上げざるを得ないでしょう。
   ・・・正しくは上げなくても良い道 なのですけどね・・・
1636261

上げ過ぎ意識で、上げを抑制すると
体を回転させる、体をひねる
という運動が加わり、速度が上がってきた後半
クラブを上げることになるので
ゴルフクラブに慣性が付きやすくなります。
そうなると 自分の動作以上にクラブが深くまで
行くことになります。
もしも 上げるのならば
 初期のクラブに慣性が付いていない状態で
上げてしまった方が 管理しやすくなりますよ。

廻ってから上げる という感覚を
上げてから廻る の方がよいでしょうね。

体を回し、回し終わる反動で
クラブを上げ下げするゴルファーがいますが、
この打ち方では ボールにスピンが掛かるだけで
無駄に速く動かないと距離が出ませんから
お薦めできマセン。