体の回転の一番重要なポイントは
スイングの動作基盤は 斜めに傾いている
という事です。
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

水平でも、垂直でもありません。

そして、その傾きは ❶アドレス時の前傾姿勢
によってもたらされます。

スイングにおける前傾姿勢とは
❷胴体(骨盤より上)と足の角度差
部位で言うと ❷´骨盤と軸足大腿骨の角度差 です。
股関節の角度 とも言えます。
MVI_0478_Moment(2)

スイング中にこの前傾姿勢が保持されることによって
スイングにおいて ゴルフクラブの重さ
ゴルフクラブの構造・機能が有効に使えるように
なっています。

この前傾姿勢を失ってしまうと
本来、しなくて済むことを 動作として
技巧として打ち手がしなくてはならなくなり
スイングはより複雑になり難易度があがり
苦労するばかりか、体を痛める動きになり易くなります。

何度も書いていますが、
スイングに前傾姿勢が保持されていると
トップの位置からインパクトにかけて
進行方向である左サイドが低くなり
重さを利用しやすくなるばかりか
ボールを上から、インサイドから打てるようになるので
飛距離と安定を保つ規則性を保ち易くなります。

逆に言えば 前傾姿勢が保持されていないと
インサイドから打つ、
 には開いたフェースを閉じるがついて回り
上から打つ、
 には ヘッドを下げても
 体を上に向けない無理やりが必要が生まれます。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

それらは 前傾姿勢を維持していれば
それだけで 排除できる のです。

それを大前提に考えると
準備としてのテークバック時に
骨盤ソノモノが右を向けないと
その時点で前傾姿勢を失うことになります。

上半身を捩じり、骨盤を正面に向けたまま
肩だけを捻ると 前傾姿勢による左右の位置関係が作れず
ダウンスイングに入った途端
左サイドは上がり、左サイドは開く ので
(特に骨盤周り)
それを無理やり 筋力体力で押さえつけるか
その不規則な状態の中でも
強く、安定したインパクトを造る超人的な訓練が必要になります。

インパクトを ボールと正対する状態で
絶対に迎えられないため
ゴルフクラブの持っている距離性能や方向性能は
オリジナル状態で発揮されないため
各人独自のモノになります。

☆テークバック時の最も重要なことは
 骨盤をしっかり右に向けることです。

千人

それによって ダウンスイング時の
上から打てる時間の確保
インサイドから打てる時間の確保
が出来ますから、
出来るだけ たくさん右を向けることです。

肩だけ回しても その時間は増えないばかりか
インパクト時に正面を向けにくくなります。
(より高速な復元が必要になります)