ゴルフの魅力の一つに『飛距離』があります。

多くのゴルファーは
飛距離➡ヘッドスピードと直結してると思っていますが
それは間違いです。


色々な条件がイコールであるのなら
それはヘッドスピード次第となりますが
多くの人はヘッドスピード自体を出すためのヘッドスピード
飛距離を出すためのヘッドスピードになっていません。

そして重要なことは
本当の意味での飛距離を目指したクラブの使い方は
同時、安定性、方向性も両立しやすい
ということなのです。
裏を返せば ヘッドスピードだけの向上を目指すだけの
スイングは 飛距離も得られず、安定性も得られない
ということです。


413445







この二つのクラブの使い方を見て下さい
少々オーバーではありますが
左側は多くの人がイメージしている
支点のあるクラブ使い
右はヘッドとグリップの移動の量が等しい(似ている)
クラブの使い方です。

同じような始発点からスタートしても
ヘッドを回す方のクラブの扱い方は
グリップに比べて 極端に  …1/4円×長さ×3.14
ヘッドの方が多く動いています。
これを作り出すのには
ヘッドの進行方向と反対に
グリップを動かす作用があるので
ヘッドを移動させている量(労力)なりに
ヘッドの移動速度は稼げません。

✴ショットをする時に忘れてはいけないのは当たり前ですが
ボールを打つことです
ボールを打つ 飛ばす 移動させる というのは
質量との対決です。
より遠くへ飛ばすには より重い力が掛かりますし
早くヘッドを動かせば、
インパクト時の衝突質量は高くなります。
グリップを止めてヘッドだけを動かす方法だと
クラブヘッドだけが進行方向に進んでいて
クラブ全体は進行方向に進んでいません。

故に クラブや腕などの慣性力が低く
インパクト時に受ける重さの『逃げ』が出来てしまいます。
右のクラブの扱いだと
クラブ全体が進行方向に進んでおり
それは同時に腕という質量も伴ないますから
インパクト時の質量に対し慣性力が強いので
質量負けし難くなります。
002

想像できると思いますが
ヘッドだけが大きく動く振り方だと
ロフトや向き、ヘッドの立体的な位置などが
ほんの少しの移動で大きく変わるので
それぞれが理想的なインパクトに収まるのは
非常にレアな確率になります。

クラブそのものの違いも乗っかってきます。
ヘッドを振るスイングをする人は
その行為がしやすいクラブ≒軽いヘッドを好みますから
それもインパクト時の慣性力の低下につながります。

クラブを下に振れば
その遠心力分、上に体を引いていないと
ボールよりもはるか手前をダフルことになりますから
ヘッド以外はいつも違う方向、
反対の方向に動いていることが少なくありません。
001

一方 クラブごとインパクトに入ってくる場合は
野球などでも言われる言葉ですが
体も含めて 動作がほぼ同じ方向に移動しているので
インパクトに体重が乗せやすくなります。

ヘッドを振るスイングは
冒頭で書いた通り
重さをどかす という事を忘れてしまい
ただ単にヘッドスピードを上げるためだけの
無意味な罠にはまってしまっているのです。



そして このイメージで忘れられてしまうことは
ゴルフショットでは 角度が重要 です。
支点運動をイメージで振る方法では
あまりに 角度の変化が激しすぎます。
上下の角度であれば 隣の番手とは 4度程度の違い
しかありません。
左右の角度にしても 150ヤードのショートホールで
許される左右の角度は 左右10度程度です。
どちらも(上下左右) 5度もぶれる可能性の高い
ショット方法は 偶然待ち のようになってしまいます。

飛ばしたい という気持ちはとても大切ですが、
✊繰り返せること
✊同じ方向・同じ距離が打ち易いこと
✊そして体の自然な動きで飛ばせること

というのを両立させる必要がある ということを
念頭に置くべきです。