多くの人は
✊体の回転で打つ
✊ボディターンで打つ

というと 腰というか、足さばきによる体の回転リードで
腕やクラブを引っ張る
というイメージを抱くでしょう。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

しかし、これが結局 あとから腕で振る
事を導き出すことになります。
体でクラブを引っ張ると
イメージでは ヘッドも含めた丸ごとっ引っ張る…ですが
結果としては グリップだけが回転についてきて
ヘッドの重量(運動で増えた分も含め)の分
遅れたり・留まったり するので ヘッドの遅れの分
シャフトを振らなくてはいけなくなります。
もう体の回転では出来ないので 腕で振るしかなくなるわけです。




骨盤...股関節の中でも
へそから上にはかなりの重量があります。
ダウン時、腰を回しても その重量物は留まろう としますから
腰が正面を向いても 上はまだ右を向いたままです。
体でクラブを引きずる・引っ張ろうとすると
重さの分 ヘッドが留まろう とするのと同じで
体も重さの分、上半身の上側は留まろうとするのです。

73f7bdaf-s




言葉では 体の回転そのもので打つ とは言いますが、
まずは へそから上とへそから下を同期
させるところから始める必要があります。


人間は自分の体の姿勢を安全に保つための
防衛本能があります。
背骨を軸として 体を綺麗に負担なく回すには
体重移動が必須になります。
体重移動が回転そのもの とは言い切れませんが
少なくとも 背骨軸の回転 となると
体重移動と体の回転は 同意語に近い存在です。

しかし 動作の感覚として背骨は意識し辛いですから
その回転を覚えるには まずは体重移動でしょう。

0e363453-s


そのためには両方の上腕・肘使いが大切になります

低速動作ですし 打つことそのものから離れていますから
テークバックの右向き・右への体重移動は
決して難しくない筈です。
✊しっかり 骨盤を右に向ける、
✊飛球線後方の人に左ポケットまで見せる、
✊右のお尻ポケットを後ろに下げる、

という動作です。

後々の為に 左ひざは出来るだけ右ひざに近づけておく
ボールの方に左ひざを出すのではなく
骨盤を回すために 右ひざに寄せておくような感じです。

クラブを持たない動作 では
アドレスから 右上腕・右ひじを
飛球線後方に膨らませず
その場で 後ろ(背中側)に引くような
肘鉄するような動作が必要です。

左腕を伸ばすような 左肩を入れるような動作
をしてしまうと 背中が引っ張られてしまい
かなり早い段階で 肉体限界が来てしまい
体が十分に右向きすることが出来ません。注意です。
千人

右の上腕・右の肘を
飛球線後方に膨らませず、アドレス時の後方(背中側)に
動かすことによって 左半身を引きづる 付いてこさせる
ような感じになり、左上半身の積極的な動きは厳禁です。

アドレス時に比べ 両方の肘の間隔・距離を取るように
しておくと良いかも知れません。

背中やみぞおちにひねり・張りが感じられるような
動作ではイケマセン。
右向きでキツクなるので
お尻も含めた右股関節周りだけです。
背中が張るのはひねっている証です。