ボールを飛ばすのには
右腕を使わなくてはいけません。


その右腕の使い方はとても重要です。
どう 右腕をつかうのか 考えてみましょう。

198Trim_Moment(2)


.ぅ鵐僖トまでに右腕を伸ばす
 アドレスの状態では 両腕は概ね伸びています。
 両方の腕が概ね伸びている、
 もしくは 左腕の方が曲がりかかっている、
 この状態が ボールと正対した時期に
 インパクトを迎えている という事です。
 インパクト時に右腕が曲がっているということは
 ➡右サイドが下がっている
 ➡左サイドが上がっている
 ➡体が開いている という事です。
dohiraki

 どの条件も 弾道を高くする〜スピンを増やす
 という そのクラブのロフトなりの距離が出難く
 そのクラブのロフトなりの高さ/スピンよりも高く多くなり
 ロスが大きくなる という事でもあります。

 そう言う意味でも 右腕の使い方 は
 ショット時の体の姿勢も作る という事です。


右腕を使わないと振り遅れる
 振り遅れ とは体の向きに対する
 インパクトの時期が間に合っていない という事です。
 左手のリードとは言われますが、
 力の弱い左手で 運動で加重されているクラブを
 素早く動かすのは不可能ですし、
 左手のみで動かせば クラブの形状の都合
 ロフトは開きやすくなり よりクラブは重く、
 しかも 右サイドに重さが加わり易くなります。
 これも 飛ばない原因です。

hiraki


ダウンスイングの初期、もしくは早めに
右腕を伸ばすのは飛ばしの条件でもあります。
右腕を伸ばすには

❶グリップを体から離さない
のはとても大切です。

シャフトを通して、クラブの重さに押されたり
遠心力や不可抗力が掛かることによって
グリップは体から離れたがります。
それを考慮して グリップ/こぶしが
体に触れるほど近いところを通すイメージが必要です。

アドレス時に左腕がダランと下がった地点
ここが基本の距離感になりますが、
そのダランと下がって腕 よりも外
体から離れたところにグリップが出ると
その重さの分、必ず体は起きてしまいます。
体が起きれば(前傾姿勢が減る/無くなる)
より グリップを体から離さなくてはイケなくなり
体の回転による スイングの軌道 を失います。

MVI_0581_Moment


右腕を伸ばす
❷右ひじの角度とコッキングの連動は駄目!
 です。
これもグリップが体から離れる
前傾姿勢を無くす の原因になりますし
右ひじのリリースとアンコッキングの連動は
グリップの移動を妨げ 結果振り遅れを生みます。

❸右ひじの角度は左上腕と左側帯の角度との連動
です。
イメージとしては トップで作った
両肘間の距離を維持するようなイメージ
になると思います。

インパクトに向かって
 両肘を絞る
 両肘間の距離を縮める
のは 結果 体の起き を生みます。

IMG_1632_Moment

✋右サイドを下げない
➡右腕を伸ばす
というイメージよりも
インパクト時に左ひじを、左腕を曲げておく
というイメージの方が
結果、右腕を伸ばし易く、右サイドが下がりにくいでしょう。

右ひじの向きを変えずに曲げ伸ばし する
 ことでもあります。


✋ 両方の腕、両方の肘共にそうですが、
 肘を曲げるイメージは 前腕を持ち上げる動きになりがち
 ですが、ゴルフのスイングで
 腕を曲げる・肘を曲げる という動作は
 両上腕の上げ下げ です。
 伸びている時以外、腕(片方)は一直線上には揃いません。