体の回転において十分な右向き
しっかり骨盤が右を向き
左サイドが右サイドに比べ低くなることは
とても重要です。
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

しかし こちらは打つ準備 であり
練習の中であれば、途中でやり直すことも可能です。

コチラは全員のゴルファーに出来る筈です。

ところが ダウンスイング➡フォローへの
右向き〜正面〜左向き は
ちゃんとした展開をしないと出来ません。

多くのゴルファーは
体の回すことの重要さは知っていますが、
体の部位を間違っています。

体は胴体、骨盤より上の事を指します。
足を回して 胴体、そして腕やクラブを
引っ張るのでもありませんし、
腰 という体にとって 中間の部位を
積極的に動かすことでもありません。
胴体を一体に回せない のであれば意味はありません。

体の回転は バランスよく動けるのであれば
速く回せることは良いことですが、
基本 重力方向に働く重さを
体の回転によって 飛ばす方向を水平方向に
変換することです。
バランスを失ってまで速く「主導的」に回る必要はありません。

と同時に 前傾姿勢という
多くの動作を省ける
スイング軌道を最短距離にすることの出来る
これを しっかり右の軸足から左の軸足に
移してあげることが必要です。
前傾姿勢をしっかり左軸足に移せないのなら意味はありません。
「回転動作」は
動作としては 受け身に動いた方が良いでしょう。
h170

この廻り方は
現場での多少の傾斜であれば 問題なく出来ます。
軸足を移せないような傾斜 であれば
原則フルスイング出来ないのですから
そこで 誤魔化しの手先のスイングをして
それ以降のゴルフスイングを壊すのは
利口な選択ではありません。

軸足を移せないような傾斜地 に打ち込んだのは自分なのです。

自分に出来ることをする
というのがゴルフショットの基本中の基本です。

回転の基礎は
背骨を軸にする動きです。
それを軸に 右を向き 左を向く
という行為には
背骨よりも前に多くある 体の重さを
向きに応じて 左右の軸足に移すことが付いてきます。
ダウンでは それを逆の応用すると良いでしょう。
鼓笛隊 モデルケース-123フレームショット

下半身は 瞬間的な補足をするのに優れた器官です。
回転するのに、それを積極的に使わず
受け身にすることによって 疲労や傾斜に対応し易く
しておくと良いでしょう。