多くのゴルファーは
トップ から インパクト のダウンスイング
グリップを かなりたくさん『下げる』もの
と思っています。

そして それをするために
テークバックの置いて 下げるため
よりたくさんグリップを「上げ」ようとします。

スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)スナップショット 3 (2017-06-28 19-07)

本当は体を回すことが
実は グリップの高さの変える
主エネルギーです。

グリップをたくさん上げ
グリップをたくさん降ろすと
その量が多ければ多いほど
体は開き、上を向きます。

下げないわけにはいかないのが
意地悪なところですが、
出来れば アプローチの練習などで
グリップを最低限しか下げない
必要分以下上げない 習慣を付けると良いでしょう。
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

スイングのメカニズムはよく出来ていて
前傾姿勢が維持できる 骨盤の右向きがあるという条件で
右を向いているうちに グリップが左へズレれば
重さが左にかかり 前傾姿勢が左股関節にずれます。
それによって 下げなくても
グリップの位置が低く出来るので 下げなくて済みます。

骨盤が右向きを作れなければ
グリップを下げなくてはならなくなりますし、
骨盤が右向きを作れないと
右を向いている時に 横の動きと縦の動きが混じりませんから
グリップを動かしても 重さは左に移せません。
よって 前傾姿勢が左股関節に移せず
グリップの「低さ」が足りなくなりますから
やはり 下げなくてはならなくなります。

真っ二つに分かれる ということです。


前傾姿勢を除くと グリップの必要な上げる量は
40〜50センチ程度です。
下り は 重さによる助力もありますから
20堕度で十分でしょう。
それも 真下…重力方向に下げるのでなく
横と縦の混じる 右を向いている間に
左斜め下に動かすような感じ が良いと思います。