パッティングもショットです。

そのはっきりした根拠はパターに表れています。


パッティングは基本、ボールを転がす、
地面を這わせてボールを移動させます。
010

転がすだけであれば
パターには ロフト角度は要らず
ロフトは0度で良いでしょう。
いま 主流になっているショルダーストロークであれば
逆に マイナスのロフトでも良いでしょう。

ショルダーストロークはほぼ煽り打ちになるので、
そのアッパースイングであれば 
ロフト0度なり、マイナスのロフトの方がボールの転がりも
良くなるでしょうし、お約束の歯で打つパッティングは
回避され易くなります。

ところが どのパターにも今だ
ロフト角度が付いています。
その角度は 2〜5度です。

煽り打ちで そのロフトを使えば
スピン量はロフト角度分以下になりますが、
打ち出しはより高くなります。
跳ねてラインに乗りにくく、
推進力も落下時に失いやすいものになります。

そのロフトが示すのは
その角度なりに入射させ
インパクト時の静止ロフトを
0度に近いものにするような
ハンドファーストの形を物語っています。
IMG_0607

そのインパクトになれば
ボールは 自分の重さで沈んだ分
地面に平行に近い形で少し飛翔し
ヘッドスピードやヘッド重量で作られた破壊力は
飛び出る角度やスピンなどにあまり喰われず
ボールのスピードに転化しやすくなります。