もしかしたら
現代のゴルフスイングの「酷さ」
パッティングストロークから始まっている…
のかもしれません。

show_imgコチラをご覧ください。

世界のトッププロ?の
パッティングストロークです。

当たり前ですが、
パッティングも体のどこかを使って
パターなり、ヘッドを動かして
ボールを打ちます。

5d625fee従来よりもうんと深く前傾して
打つ訳ですが、
この構えからして
腰のライン・骨盤は固定です。

では どこを動かすのでしょうか?

 肩・ショルダーです。

腕や体・グリップで作る三角形・五角形を
固定して 肩を揺さぶってパターを動かします。
ではこちらをご覧ください。
922a6798
背骨には体を揺さぶるための『関節』はありません。
ショルダーストロークで動かす部位は
いったい 体ですか? 腕ですか?

そして この肩…肩甲骨を動かす為の筋肉は
僧帽筋や広背筋です。
これらの筋肉はどちらかというと
大きく動いたり、耐えたり
強く激しく動いたり、耐えたりする筋肉で
1m80造硲隠蹌苅悪造鯊任訴けるには
あまり得意ではない箇所です。

前傾を深くして
その目的に得意でない筈の部位の
肩を揺さぶり、耐えつつ背骨を捩じり
パッティングをすることが
ストロークを良くするでしょうか?

それは兎も角、
このことによって
スイングに使う「体」と
スイングに使う「腕」が
どこなのか 分からなくなってしまう…というか
間違って覚えてしまう始まりだと思います。

腕で作る三角形なり、五角形を固定するから
一見 腕を使っていないようですが
ショルダーストロークは腕(肩)さばきです。
564dfb4d

パターストロークも結果的には
上下の円弧を描くわけですが、
それを意図的に行う事誤っていますが、
ショットの一部として考えると
それは 前傾した上で、体を回転させるから発生する
円弧の筈なのに、それを腕(肩)で再現してしまうのは
スイングにとって 最も「まずい」間違い です。

これを説明しているレッスンプロは
いったい 体をどこの部位と考え
腕をどこと考えているのか 説明して欲しいです。