おそらく 多くのアマチュアは
飛びと方向性、もしくは 飛びと安定性は
相反する関係だと思っているでしょう。



ですので 飛ばそうとすると安定性・方向をあきらめ
安定性・方向を追求すると、飛ばすことをあきらめるのです。

スコアを追求する人のゴルフを見ていると
飛ばさず、ぺったんぺったんと前進しているように見えます。

それもゴルフですから否定は当然出来ませんが
それではゴルフの醍醐味が失われてしまいますし、
道具を使う遊びなのですから
年齢や体力・運動神経がすべてではない筈です。


まあ 市販の軽いヘッドの硬いシャフトのクラブでは
ヘッドをたくさん動かさないと飛ばないのも判りますし、
その動かし方では100%とは言わないまでも
80%のスピードで振ったら曲がるでしょう。
いま世の中でレッスンしているゴルフの
ほぼ80%が繰り返し同じ弾道の打てない方法ですし…。


ee6bd45f


まず スイングの軌道というのは
体の回転そのものと言う認識が必要‼


絶対条件です。


スイングには前傾姿勢があって
体を回転させます。

ですので 右を向いている時は
左サイドの方が右サイドよりも低く
左を向いている時は
左サイドの方が右サイドよりも高くなります。

よって 現代主流の腕さばきでスイング軌道を作り出すスイングは
ゴルフの基本から大きく外れる邪道なものと言えます。

今流行りのテークバックでは その前傾姿勢の意味も
体の向きを変える意味も殆どありません。
言葉は悪いですが、ゴルフを知らない人が
ゴルフの真似ごとをしているに過ぎないレベルです。


よって トップの位置からインパクトまで
この時間帯は 進行方向である左サイドの方が低い
これが ボールを上から打つ という事です。

右を向いている 高い位置にあるグリップ
低くなって行くグリップ 右向きの解き
概ね正面 グリップの一番低くなるところ ➟インパクト


自分の腕さばきで クラブを下に振った瞬間、
この法則は壊れます。

e00bf7e6


それと同じく、
インサイドからボールを打つ と言う意味は
右を向いている時間帯にインパクトに入る
(インパクトそのものは右を向いている訳ではありません)
右を向いて遠ざかったグリップが
 ボールに近づいていく(この行為が体の回転です)
概ね一番近づいたところ ➟ インパクトです。


体が正面を向いてからクラブを振り始める
と言うのは 単なる振り遅れ・手遅れ です。


体の向き通りにグリップを動かし、
その結果ヘッドも引きずられて動いていれば
人それぞれではあっても
その人なりの軌道、フェースの向き・ヘッド姿勢は作られ
ヘッドだけを意図的に動かしていませんから
そこには一定の規則性が生まれてきます。
体の回転とグリップの移動・ヘッドの移動に規則性が生まれます。

ところが 🔥
体が正面を向いてから それから振り始める
🔥グリップが一番ボールに近い位置に来てから振り始める
🔥グリップが一番低くなってから振り始める

➟もうこの時点で 軌道・フェースの向き・ヘッド姿勢
には一定の規則性は生まれなくなります。

ボールは打てるでしょう。

しかし、立体的な軌道、軌道の大きさ、
フェースの向き、ヘッド姿勢・・・。
これに法則は絶対に生まれません。
無限のパターン、何億通りのパターンが存在し、
その結果、飛ばすことをあきらめ、半分程度の力加減で
ぺったんと前進するだけのショットを打つことになります。

🌟ボールの曲がりは ボールの速度が速いほど
(空気との接触量が増えますから)
表の表れやすいので、ボール速度を上げないショットを
打つことになるのです。


言葉は悪いですが、半プロのような練習量を誇っても
飛ばす と同時に、思いのままの方向に打つ ことは
おそらく無理でしょう…。


グリップを動かし分、量・速度・方向 ともに
ヘッドは本来イコールです。

グリップの量よりも意図的に多くヘッドを動かせば
長い棒の先に有るヘッドと言う重量が
必ず 打ち手に何かの作用反作用を必要とします。

グリップよりもヘッドを意図的に速く動かしたら
その作り出された重さによって
必ず 打ち手に何かの作用反作用を必要とします。

グリップと違う方向にヘッドを動かせば
当然グリップはその方向に引っ張られるので
必ず 打ち手は何かの作用反作用を必要とします。

クラブは グリップとヘッドとの位置関係
ヘッドの姿勢によって、打ち手に与える影響、
その重さや方向が変わってきます。
そして それは一瞬の作業ですが、
その影響も毎回違うだけでなく、瞬間瞬間で変わるのです。

シャフトをしならせれば ヘッド姿勢がより変化するので
その影響、変化も大きくなります。


だから 硬いシャフトと軽いヘッド、小振りなヘッドが
欲しいのです。
逆も真なりで その手のクラブがその手の動かし方を
強要するのです。