体を先に回し
体の上向きを作ってから 意図的な煽り打ち をする
現代のスイングにとって
従来使われている「ゴルフの用語」「ゴルフの理論」
無用の長物、害にしかなりません。





.棔璽襪鮠紊ら打て

 1000%無理です。
 あきらめて下さい。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

 逆に ボールを上から打とうとしたら
 そのスイングのメリットは無くなってしまいます。

 ボールを上から打つ と言うメカニズムは
 体の回転/前傾姿勢 という複合した仕組みから起こります。

 煽り打ちのスイングは 体を回す ではなく
 体をねじる ➟ 上半身を捻る というメカニズムです。
 スイングの初期の段階、テークバックの時点から
 スイングの構造の中に 上からの『上』 下への『下』
 というものが一切存在しません。
 体をねじってテークバックし、ダウンで下に振ったら
 より一層 体が上を向き、煽り打ちが酷くなるだけです。

 どうぞ 腰をお大事に(*_*;



体重を乗せろ

 これも120%無理です。
 トライしてはいけません。
4289f9fa-s

 この語彙には体重移動が含まれます。
 体の回転には体の構造上、
 ➟右➟左 という自然な体重移動が発生し
 体重が左に移る過程の中にインパクトがタイミングとして
 存在したので、昔…はそう言われましたが、
 体を開きながら 左サイドを上げ、右サイドを下げながら
 クラブを手で振る今のスイングでは
 始めから左に乗りっきりか、右に乗ったまま
 スイングするので 体重や体重移動 そのものを
 スイングから忘れて下さい。
 そんなことにトライしたら打てません。

 今や 地面を上に向かって蹴り(ジャンプ)ながら打つ
 と言うような曲芸までスイング理論に入って来ていますから
 私には理解不能です…( ゚Д゚)




A扱校兩を保て、意識しろ

 この手打ち、煽り打ちのスイングで
 それを解くレッスンプロがいるのに驚きます。
 
 蛇に「手を使っての鉛筆の持ち方」を教えているのと同じです。
584506d7

 前傾姿勢とは 背骨の折れ・曲がりではなく
 軸足の大腿骨と骨盤の角度差です。
 そして よく言葉を勉強すべきですが
 「前」傾姿勢 は 前側の体の傾きで
 体の横の折れ・屈曲ではありません。

 テークバックの時点から
 骨盤はボールに向けたまま
 体の捩じって トップの位置の真似ごとをすれば
 上半身の左サイドを上げて、上半身の右サイドを下げて
 体をねじらなくてはなりません。
 逆の動きでは スイング真似ごとにならないからね…。
 この状態から ダウンスイング入れば
 体は右に折れ、 本来存在する筈の
 左大腿骨と骨盤の「前側」の前傾姿勢は消失します。
 逆にそこを保ったらボールは打てません。

 当たり前なのですが、前傾姿勢は体の回転、
 そして体重移動をパックになった動きで
 現代のスイングでは 体の回転(ひねり)は
 他人からスイングらしく見える飾りでしかないのです。
 人間の体を消しゴムに例えている時点で
 頭ぶっ飛んでますよ。





ぅ魯鵐疋侫 璽好

 これも無理です。
 ある意味やっても無駄です。

 先に体を回し、正面を向いてから
 クラブを振ったら・・・・
 さらにインサイドから入れる…を意識したら
 ダウンスイングフェースは『だだ開き』です。

 ロフトやフェースは体の前にあるから
 そのオリジナルの「製品ロフト」が保たれるので
 体がボールを向いてもなお 右に残ってるフェースのまま
 ハンドファーストでインパクトを迎えれば
 フェースでなく ソールでしかボールは打てません。
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

 手を返さなくては打てない打法なのに
 ハンドファースト という真反対な理論を
 考える必要は一切ありません。

 ハンドファーストなんて戯言は捨てて
 上を向いて思いっ切り手を返して下さい

 でないと フェースに当たっても ひょろ球しか出ません。





ゥ好ぅ鵐哀廛譟璽

 これもとても奇妙です。
 現代のスイングプレーンの主たる論調は
 スイングプレーンです。

 このスイングプレーンは垂直でも、水平でもなく
 それは体格やアドレス、番手などにもよりますが、
 傾きがあります。

スナップショット 1 (2014-02-07 18-29)

 その傾き度合いは 前傾姿勢…によって
 導かれていると思うのですが、
 手で振るスイングには 前傾姿勢が存在しません。
 恰好を付けるために アドレス時にのみ ある訳で
 一旦、運動を始めると消える「その前傾姿勢」
 基準にした スイングプレーンに何の意味があるのでしょうか


現代のこのスイングを「良し」というか
当たり前にしているゴルファーにとって
体の回転でボールを打つ というのは
真反対の、真逆な発想と言ってよく
今までの振り方に そのエッセンスをぶち込んでも
より混乱するだけで、なんのプラスにもならないでしょう。

体の壊すであろう現代のスイングを続ければ
ゴルフクラブは何を買っても、何を変えても同じですから
安上がりかもしれません。
ただ その代わり、体へのメインテナンス、整体、治療には
コストがかかり、年齢が行った時、ゴルフの故障によって
普段の生活に支障をきたすことも覚悟しておくべきです。
・・・・ だから 減るんですよね ゴルフ人口…。