昨日の続きですが、
◯ちゃんには非常に申し訳ないのですが、
アマチュアのほぼ100%の課題は
今の問題にしている 『ここの部分』です。


ハミングバードで言っている
クラブを振る、ヘッドを振る、シャフトの角角度運動 は
すべて ここがポイントで、
やっている側の人は
この行為をしないと ボールが打てませんから
治す ≒ 打てない になります。
打つ ➟ 治さない なのです。


厳しい言い方ですが、
◯◯◯プロなどのスイング動画などを見て
インパクトは左腕を伸ばすモノ とか
クラブは振らないと飛ばない と信じている人は
スイング改造はあきらめて下さい。
どうぞ 体が壊れるまで今のスイングをお続けください。
いま主流となっているスイング(クラブ扱い)は
例外なく その日はやってきます。


勿論 『ゴルフクラブの影響』大きいです。
どんなクラブを使うかで スイングはほぼ決まる
と言っても過言ではありません。
軽いヘッド/硬いシャフト では辞められないでしょうね…。
 クラブを変えない限り スイングは変わりませんが
 クラブを変えたからと言って その保証もありません


しかし、スイングの概念やイメージと言うのは
その人のスイングそのものです。
出来る、出来ないは別として
思い描いているものをやろう とするのが
スイングの始まりなので
イメージそのものが変わらない限り
クラブの扱いは変わりませんし、
変えたいのであれば、新しいイメージを信じて
トライするしか道はありません。

スイング改造はやりたいか、やりたくないか、で
出来るか、出来ないか、では決してありません。



d11be403-s



では 本題に戻りましょう。

メインテーマは
ダウンスイングの体の回転でちゃんとグリップが移動するか
どうかです。
最終ゴールは
体の向きを変えると無自覚でもグリップが移動すること
ですが、
始めは慣れていませんから 体の回転に同期させて
意図的にグリップを移動させておく
必要があります。

そして 出来るようになってくると
トップの位置からインパクトまで あきらかに。。。
感覚的には 1/3位の時間の短さになります。
かなり面食らう、びっくりするほど早くインパクトが来ます。
da454685


体を回して あとからグリップさばきで円弧を描くスイングの
時間は 正しいスイングに比べると
ダウンスイングの途中、
離席してトイレに行っているほどの時間です。

そして それは重いものをグリップさばきで
動かしている実感・充実感も伴なうので
とても辞め辛いのですが、
速く動かしているようでも
 単に道のりが長いだけの徒労 なのです。



Q//TOPからどうやっても右に膨らんでしまって
真っすぐ右腕が伸びません 左上腕主導でもダメ
と言う質問も頂きましたが
おそらく 同じ問題だと思います。

,泙此.肇薀い世韻之觜修任垢
グリップは左右を出来るだけ密着させること。
逆に その密着度が完成度の目安 です。
スナップショット 1 (2017-04-20 16-33)

グリップさばきで ヘッド(シャフト)に円弧描かせれば
不必要な遠心力が発生するので
グリップは握っていなければ持っていられません。
右手の本来の役割は 手のひらで
クラブを持った左手を斜め上から下に押すことです。
ダーウィンの進化論ではありませんが
目的によって グリップの形態は変わっていきます。
IMG_0528IMG_0529







∈献哀螢奪廚体の回転から取り残される
 くっ付いていかない の原因を少しでも除くため
 テークバックの時点から 左グリップの移動
 を極力減らすこと。

 自分でチェックする場合、
 体ではなく 自分の両足とグリップの位置関係を見て下さい。

スナップショット 2 (2017-04-20 16-34)

テークバックは 右サイド主導
 右サイドが動いたから 仕方ないから左サイドも動いた
 程度に意識すること。
 左肩を入れる とか 左手で押す なんて言うのは論外!
 
maxresdefault

 テークバックでは 右ひじが曲がるんです。
 曲がるという事は短くなる ということです。
 つまり テークバックをして行けば
 その分 グリップは体に近づきます。
 体からグリップが離れる というのは
 手だけで動かしている証
 です!

けΔ劼犬鮓緤に引く 動きでテークバックを取ること。

スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)










 この問題を緩和していくカギになるのは
 テークバックの 右向き(骨盤)の量です。
 体〜上半身が捩じられた時点で
  この問題からは逃げられません。 
BlogPaint

ここまでをシャドースイングの時点で意識しましょう