現在、主流になっている
オンプレーンスイング 
単刀直入に言うと 
ティーアップされた空中の球を
 意図的に煽り打ち
 するための特殊な打法です。

0e363453-s

これは 十数年前 から
盛んに言われている
 高打ちだし低スピン を
追いかけた結果で
突き詰めていくと ヒト がショットすることではなく
マシーン(機械)がよりボールを遠くに飛ばすための裏技
 と言っていいものです。

これは憶測というか、推測の部分ですが、
弾道などの計測器の普及によって
人間の体を無視して、単に弾道だけを追いかけて行った結果、
計測で出る数値には 体の負担や
地面から打つショットに対する影響 なんてものは
一切反映されない ということを
考慮に入れなかった結果
この ゴルフを破壊、ゴルフスイング理論を破壊、
ゴルフクラブの機能を全く無視するような理論が
巷に広がってしまったとみています。



この 意図的な煽り打ち には
実は秘密…というか 種明かし があって
ある程度、ゴルフを経験した人だと分かるかも
知れませんが、
サンドウエッヂでの特殊なショットに
「ロブショット」と言うのがあります。

これは ロフトを寝かせて
更に 緩い入射角度で すりぬくようにボールを打ち
球速の遅めの超ハイボールを打つ 特殊なショットですが、
これには絶対条件があって
 ある程度のヘッドスピード が必要で
遅めのヘッドスピードでは
 高くも上がらず、目の前にポテッと落ちるような
そんなショットになってしまいます。

そして このロブショットは
練習量も練習頻度も豊富な人であっても
全てのショットの中で
一番 ミスの確率の高い超危険なショットだと
いう事です。

BlogPaint


実は 今流行っている オンプレーンの煽り打ちは
それを ティーアップして空中にあるボールを
ドライバーでロブショットしているのにとても近い
打撃方法なのです(*_*;


よって ある程度のヘッドスピード
 そうですねー 平均しても45~48㎳を超えるような
ヘッドスピードでないと効果がなく、
単に 高くも低くもない ポワ〜ん とした
ショットになるだけです。
52442_360240


しかも この打撃方法には
関節のない背骨を 思いっきりひねり
スイングの途中から
へそから上の上半身を思いっきり
上に向けてスイングするという
なんといって良いのか…
 自分で自分にコブラツイストをかけるような拷問
が待っており、それを真似ることによって
身体的に、肉体的に損傷を負い
ゴルフそのものをあきらめたり
頸椎や背骨に 痛み止めのブロック注射をしてまで
ゴルフを続けるゴルファーも多数出ています。

だいたい この手のスイング理論で
よく出てくる 人間の体 ☞雑巾説や
人間の体 ☞消しゴム(ゴム)説 なんて言うのは
冷静に考えれば 危険極まりない訳で
それを遂行するには 練習量・頻度ともに
人並み以上にしなければいけない というのも
付いて回りますから、かなり辛いですよね…。


安定してショットをする
少ない労力でボールを遠くに飛ばす

というのには 
体に負担の少ない
繰り返し易い方法
 というのは
当然、必要で
プロスポーツ選手のように
体のケアにお金がかけられないアマチュアゴルファーには
絶対条件です。

従来、ゴルフ用語には
images20150404163453 「体を平行に回す」
というのがあったと思いますが、
その意は 腰(骨盤)を肩を平行に回す ですし
肩回りは確かに胴体の一部ですが、
今のスイングで言われている『肩』は
胴体の一部ではなく、腕の一部です。
体を回す という言葉は詐欺的で、
肩甲骨だけを体から遊離させて捻っている。。。
なんだか 刑事さんが犯人を逮捕する時のような動きです。


BlogPaint


ちなみに ゆっくりと時間をかけて
体を正しく回す ということを覚えて行くのは
未来に対し とても大切で
是非 やって頂きたいのですが、
体(胴体・上半身)を正しく回す のに
体(胴体・上半身)…腰も含め
体そのものを動かしてはいけません。

体〜胴体の動きは
腕で言うと 上腕や肘
脚で言うと 大腿や膝
を使ってやるのです。


体〜胴体そのものを動かすべきではありません。

例えば 歩く行為
これも 腕☞肘も含めた上腕
そして 脚☞膝を含めた大腿
を自分の意志で動かします。
歩く行為には 体を捻る行為が入りますが、
意図的に体を捻っているのではなく
バランスを取ったり…の補正で捻っているに過ぎません。
ほとんど無意識ですよね。
bb-20110511-004-ns300

よく考えてみたり、感じてみたりすると
多くの動作は 上腕と大腿の動きが殆どで
ストレッチなどを除けば 意図的に胴体を捻る動きをする
と言う動作は大変少ない筈です。
そして、ストレッチはケガなどの予防のためのモノで
それそのものが 動作 ではない筈です。