ショットをミスしたりすると
『ボールから目を離すな』と言われたりしますが、
ハミングバードは それをあまりお薦めしません。

IMG_1632_Moment

野球やテニスと異なり ゴルフショットは
自分がボールを打つまでは ボールは止まっています。
手元に来て 急に落ちたり、切れたり、変化したり
そんなことは ゴルフショットにはありません。

ゴルフショットをする上で、
体を痛めず 楽に遠くに飛ばすのは
体…胴体をねじらず、ショットすることは
とても大切で、
ボールは目をつぶっても 当たることはありますが、
体を回さず 遠くに飛ばすことは出来ません。

アマチュアの限りませんが、かなりの割合のゴルファーは
ボールをよく見る と言う行為が染みついている せいなのか
ボールと目の距離を一定に保つ 本能? というか
動作中のジャイロ機構が働いてしまい
顔が軸になっているようなスイングをしてしまっています。

目をつぶれ とか 絶対にボールを見るな
とは言いませんが、
ボールを凝視し過ぎてしまうことによって
体の正しい回転が阻害されるようなことになれば
本末転倒です。
3a2657cf2d5452e4b2914c204ab30a3c

ボールが視界から消えてしまったとしても
テークバックで 体が右を向く のに任せ
一緒に顔も右を向けてしまった方が良いと思います。
ボールを見ることよりも
 しっかり体を右に向けることの方が数十倍大切です。


もし どうしても見たいのであれば
視界の中でボールを動かす習慣をつけると
良いと思います。
neck

アドレス時に 視界の中ほどにあるボール。
テークバックしていくと 視界の右に寄り、
インパクトでまた 視界の中ほど
インパクト以降は一切見る必要ないですね
ここも また重要です。

屁理屈かもしれませんが、
もう 既にそこにないボールの置いてあった場所を見続けて
なにになるのでしょう?
頭を残せ とか訳の分からないことを言う人が
いますが、頭を残すことよりも
最後まで体を回すことや
体が左を向いているのに、顔は右を向いて
背中や首を痛めるのは
 最近の流行なんです。

これからゴルフをやる人にとっては
一生の財産になりますから、やってみて下さい。


昔、ジャンボ尾崎が
『ボールを正面で打つ というのは
 正面を向いて打つ と言う意味なんだ。
 最近の子は皆右向いてインパクトを迎えるよね。
 あれではもたない…。 体を壊してしまうし
 強いインパクトは作れないよ。』
と言っていました。
全くもって同感。激しく賛同です。
02_b

一昔前のプロは
ほとんど例外なく
体の正面気味、体に正対した顔の向きで
インパクトを迎えていましたが、
現在の多くのプロが
大きく体を開き、その代わり体に対し右を向いて
インパクトを迎えています。
tngbpc






理屈で言えば この姿勢では
腕の長さに都合が付きにくいですし、
クラブ自体もロフトが開き、
体の姿勢も左上がりの姿勢…
飛距離に悩み、かつ体を痛めなくないおじさんゴルファーが
真似て 良いことなど一つもありません。

昔であれば プロ失格 と言われるような
ゴルフスイングです。

昔が良かった とは言いませんが、
選手の寿命の長さや活躍平均年齢・年数
痛める箇所 などを見ると
やはり オジサンゴルファー向きなスイングは
今の流行りの 右向け右スイング でないでしょう。

体を鍛えているような若者はいいですが、
ある程度の年齢(45歳位かな?)になってくると
筋肉や関節などの柔軟性も衰え
運動不足もあり、
体を無理に反らしたり、腰や首に負担が来易いスイングは
速く動きたくても
体を痛めたくない本能が働くのか
速く動くことを微妙に拒否するようになります。
出来るだけ避けるべきです。
44_1_0p

そういう意味でも
体と一緒に顔も動かす
右を向くときは一緒に右
左を向くときは一緒に左
と言うスイングの方が
体を痛めず 楽にボールが打てると思います。