アマチュアゴルファーのミスショットの原因
おそらく半分は 打つ前…に決まる…
 ボールの位置 や 向き などのアドレスにあるでしょう。
残り半分…と言えるのが
 テークバックでの右向き不足(回転不足) です。

この二つが克服できれば
ミスの出る確率はほとんどなくなる
と言っても良いほどで
どちらも 日頃の習慣で解決できる のです。

右向き不足…で
頭に入れておいて欲しいのは
コースへ出て よほど精神的に余裕がない限り
練習の半分 は少々オーバーですが、
いいところ 7割程度 しか 右を向けないものです。
10653









人によって差はあるかも知れませんが、
緊張した場面、プレッシャーのかかる場面の多くで
人は早くその場を済ませたい という気持ちが強く働き
何でも 速くせっかちになってしまいがち…
7割しか本番では右を向けない
という気持ちで練習では
 7割でも十分な右向きを確保出来る ように
しておくと良いでしょう。

ちなみに 右向きとは 胸ではなく
骨盤の右向きです。

133

骨盤の右向きをしっかり作れれば
ダウンスイング時の時間も確保できます。

胸だけで回ってしまう(手だけで上げる)と
ダウンスイング時の時間も足りなくなりますし、
胴体がねじれた状態になるので
姿勢の安定も確保し難くなります。

その上で これは好みもありますが、
テークバック時、ボールから目を離し
視線からボールを切って
骨盤の向き、胸の向きとともに
顔を右に向けることを「お薦め」します✊

右向きを苦にしない人は別にして
ちょっと参考にしてみて下さい。
neck少々不気味な画像ですが、
スイングの軸になる背骨の延長線上は
後頭部です。
人間の目のついている顔には当然、厚み
がある訳で、目は後頭部より
20センチ近くも前にあるのです。
ゴルフのスイングと関係なく
背骨を軸として右を向けば
このズレ分だけ 顔や目はボールから離れていくものです。
どうも 多くの人は ボールを直視する と
ボールと目との距離を一定に保とうとして
まるで 目が軸、顔が軸になるようなテークバックを
取ってしまうケースが多く、
スナップショット 1 (2017-01-23 17-36)スナップショット 2 (2017-01-23 17-37)スナップショット 3 (2017-01-23 17-38)




人によっては 無意識にボールに近づいてしまう例も
少なくありません。

骨盤、胸の右向きと同調して
顔の向きを変えてあげる。
視界や視線、顔の向きで右向きを確認する
という方法は
ボールを見続けるものと比べると
かなり 右向きに苦しさが無くなります。

上手く打てないと
「ボールを良く見ろ」などと言われますが、
ボールを見ていても 上手く行った試しがない訳で
止まっているボールなのですから
いっそ ボールを見ない方が
余計な緊張感を生まなくてよいかも知れません。

顔も一緒に右向きになる「ドリル」で
一点 気を付けてほしいことは
顔の厚み分、目や顔はアドレスよりも
ボールから離れる訳で
ボールから離れる感じを掴むと良いと思います。