ゴルフスイングおたく、ゴルフクラブおたくである私

ハミングバードからすると

何故に多くのゴルファーは

 今どきのスイングの毒されているのか?

何故に自分の頭で考えず妄信しているのか?

まったく読むことが出来ません。

 

スナップショット 1 (2015-04-14 13-45)

 

パターも含めて、ですが、ゴルフショットのシンプルな考えは

出来るだけ遠くに飛ばす という事を大前提に

出来るだけ簡単に、

出来るだけ繰り返せて、

出来るだけ体に負担の無い

という事だと思います。

 

そのためには

望みの距離を

出来るだけ小さなスイングで、

出来るだけ遅い速度で、

という事を追いかけた結果、

重いヘッドや柔らかいシャフトに辿り着きました。

まあ 砕いて言えば

如何に楽して、如何にいい加減にボールを打つ

という 不埒な考え…ですけれど…。

 

 

先端に重さの集中するゴルフクラブ、

そして 各番手には固有のロフト角度やライ角度など

ボールの方向や距離に多大な影響を与える角度

というものが存在するゴルフクラブを

直に体の回転、向きの変更以外の 丸く振る

円運動というのは違和感を禁じ得ません。

多くのクラブは隣同士の番手は 3〜4度程度の差で

時計の秒針・分針 一秒・一分よりも小さい範囲の角度差、

ドライバーショットであっても

左右30度程度も広角な方向に打てる訳もなく

目標に対し 左右10度以下のずれ しか許容されない遊びです。

 

にもかかわらず ヘッドターン・シャフトターン

体の回転まで入れれば 3種類の方向と大きな円運動を

一つの動きに取り入れ 方向や距離などの望みの角度を

インパクトと言う刹那の時間に当てはめる など

どう考えても曲芸にしか思えません。

未だベンホーガンのスイングを妄信する人が少なくありませんが、
彼のスイングは その当時のパーシモン(木)製のヘッドで
スピン不足になると思った通りに行かない、
事故の影響で体が回せず 腕で振らなければならない
自分の独自な方法と ホーガン氏そのものも述べており
現代のゴルフクラブにはとても不適切な方法なのです。


595bd670_Ben20Hogan20Backswing



 

飛ばないと悩まれる多くのゴルファーは

ボールと言う球体を

ロフト角度というもので

ボールの下部を撫でて振っているのですから

そりゃ 打撃力はボールの回転になるだけで

前に飛ぶはずもありません。

振れば振るほど ボールは回転するか、上に上がるか

やり過ぎて 打撃力そのものがボールに行きわたらないか

いずれか になる筈です。

その ど素人のスイングのまま 今のプロがいる訳で、

ボールの下を撫でて振る と飛ばないから

上に向かって 煽って振って ロフト効果を殺している訳で

なんで 始めから ロフトを寝かさず打とうとしないのか

その煽る姿勢がどの位選手生命を短くするのか

分からずにやっているとしか思えません。

4289f9fa-s


寝かして 返して
スピン過多を煽って振って解消、
その縦横複雑な方法を実施するには
必要以上の練習量が不可欠で、
単体でも負担は大きいのに
過度な練習量なのですから
そのツケは必ず体に来ます。



 

584506d7

おそらく…ですが、

十数年前から ゴルフのセオリーが

「高打ちだし・低スピン」という

ゴルフの打撃マシーンでのみ実現可能な方法を

メーカーにほだされて 選手が続けているのだと思います。

この動きを人間が行えば

 体が柔軟で、無理も効く年齢までが限界になります。

アマチャアオジサンゴルファーには到底不可能です。

 

メーカーからすれば 選手など吐いて捨てるほどいる訳で

余りビックになる前に消えてくれた方がコストがかからないから

嬉しいのかも知れません。。。

しかし それによってゴルフが衰退していくことは
全く考えていない…というのが現状で、
ゴルフのここ昨今の衰退に
このスイングの影響や棒のような硬いシャフト
自分が速く振らないと飛ばない軽いヘッドの影響は
決して少なくないと思います。