アプローチには
スピンコントロール という言葉がありますが、
この言葉を勘違いしてはいけません。

どういう意味か? と言うと
同じゴルフクラブ…同じ番手…
例えば 40ヤードの距離を打つのにSW を打って
球筋によって 微妙な距離感によって
意図的にスピン量を変えるように打つ
という事ではありません。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)










スピンコントロールとは
持つクラブ、持つ番手、そして打つ距離によって
一定のスピンを管理し
打つ距離を変える場合
行う動作の速度、ヘッドスピードに応じて
一定の割合で変化させること、 です。


具体的な例で言うと
サンドウエッヂで 20ヤード打つ場合
ボールスピードを15ms とした時
スピン量 1000回転
そのヘッドスピードを
ボールスピードを18ms(2割増し) になると
スピン量 1200回転
と言った具合です。

勿論 そう正確にも出来ませんし、
もっとファジーなものですが、
要は スピン量を意図的に変化させることでなく
スピン量は打つ距離、打つ番手に応じて固定させる
というイメージです。

これはアプローチだけでなく
遠くに飛ばすドライバーでも同じですが、
距離と言うのは ヘッドスピードが速いと
それがそのまま距離になる訳でもなく
打撃力・破壊力が ボールのスピードにロフトなりの変換されず
スピンに多く化けてしまえば 距離を失ってしまいますし、
ヘッドスピードが上がったとしても距離は伸びなくなってしまいます。
まあ これは スピンが少な過ぎてもなりますが
勿論 多すぎる方のも飛距離はロスします。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)







別な記事でも書きましたが
本来ボールの打撃力は
持つ番手(ロフトとクラブの長さ)によって
 ボールの速度・ボールの回転・ボールの打ち出し角度
という、速度/回転/角度 に分散
その ロフト角度/クラブの長さによって
その分散の割合を造るものです。

しかし これは スイングと言う動作の中に
円弧が唯一、ひとつ 体の回転で行われていることを大前提
スイングの中に複数の円弧が入ってしまうと
その番手(ロフトと長さ)による
分散割合が破壊されてしまいます。

多くのゴルファーは
スイングは
「クラブを丸く振る」と
大きな勘違いをしていますが、
クラブを丸く振る というのは
逆に、体の回転以外は一切丸く振らない
特に腕はクラブを直線に動かす
と考えなくてはいけません。

ロフトとライ が存在するゴルフクラブで
クラブを腕によって
体の回転以外に円弧を作ってしまうと
その円弧は ロフトを狂わせますし、
本来長さに応じた入射角度が確保されません。
 →特に入射角度が問題です。
adc717b3-sbd169146-s







しかも ゴルフクラブは先端に重さが集中した形状ですので、
その先端を より多く動かせば
そうでないのに比べると
クラブは重くなり、ヘッドは重くなりますから
それを補うため、体は補正をかけます。
それが体の姿勢を無意識に狂わせ
ミスを生んだり、飛距離ずれを起こすのです。



では どうしたらよいか と言うと
ヘッドを忘れることです。
打ち手はゴルフクラブのグリップを握っています。
体を使ったとしても、腕を使ったとしても
直接動かせるのはグリップだけです。
ユルユル握って ヘッドをゆらゆらさせる
と言う意味ではありませんが、
ヘッドの移動忘れ、
グリップが移動するから 引きずられて
ヘッドは動くに過ぎません。

ヘッドを動かさないと 多くの人は飛ばない
と思うのでしょうが、
実は動かせば動かすほど
増えるのは スピンに過ぎず
スピードを上げても それはボールスピードに
つながって行きません。

ロフト姿勢と入射角度を一定にして
動作による直接のヘッドスピードの変化を
そのまま 距離に変えられるアプローチは
それは 飛ばす方法にもつながってきます。