アプローチショットに限らず
パターや普通のショットもそうですが、
決められた距離、決めた距離を打つのに
小さなスイング(ストローク)
遅いスイング(ストローク)

で行った方が段違いにミスは軽減出来ます。
IMG_0496

弊社のL型ブリストルパター  480g
市販の平均的ヘッド重量    
300g
が最たる例で、それだけでゴルフが易しくなります。

アプローチも同じです。

ラフやバンカーなど 結果としてボール以外のモノも
どかさなければならないような状況では
弊社の悶絶ウエッヂ   380g
市販の平均的ヘッド重量 290g

とでは やさしさは段違いです。

それも含め
アプローチを打つ際、
どんな番手を選ぶか
どんな球種(球筋)を選ぶか
まず 優先的に 転がし〜パッティング
に近いモノから選んでください。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)
スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)









転がし〜パッティング であれば
距離=距離感 打つ加減がその距離に非常に近いので
距離感が掴みやすいです。

上げるショットをするには
打つ距離加減と距離感が 上げれば上げるほど
乖離していきますので 距離感を掴み辛くなります。

と同時に
例えば 花道から
30ヤードを7番アイアンで転がすのと
30ヤードをウエッヂで上げるのとでは
スイングのスピードや大きさなど
かなり大きく異なり、
その距離を7番アイアンで打つ場合
小さな、遅めのストロークで済みますから
ミスが出ても痛手を負いません。
IMG_0491

アプローチだけではありませんが
高さを出す というのはゴルフショットの中で
とても難易度の高いものです。
出来れば それはクラブにやらせる
ロフトのやらせるべきで
そこを人間がなにがしかの技巧によって
増やそうとするのは非常に危険なショットになります。



手厳しい
意見ですが、
セカンドショットをフェアウェイから打って
ミスをして、バンカー越えのアプローチになったとしましょう。
ラフから ふわっと上げて
適切な距離を打ち グリーンに乗せるショットは
フェアウェイからグリーンに乗せるよりも
遥かに難易度の高いショットです。
それが出来るのであれば、そこに打ってしまったショットを
ミスしていない と考えるべきです。
楽しみの為、挑戦することは構いませんが
スコアアップを狙うのであれば
そこは確率として現実をとらえるべきです。

IMG_0481

練習場という環境が
多くの日本人アマチュアゴルファーに
上げるアプローチを強要してしまう というか
染み込ませてしまう訳ですが
ショットやアプローチ、パッティングをする場合
まず 小さなスイング(ストローク)
遅いスイング(ストローク)で済む方法から
考えてみましょう。

また キャリーボール中心の高めの球を打つ場合
しっかりピンまでの距離 キャリーするボールを
打てるように考えて下さい。