シャフトをしならせ、しなり戻して打つ
と信じている人が幼稚なのか
自分の頭で考えないで 単なる受け売りなのか
は定かでありませんが


シャフトをしならせるのも、しなり戻すのも
どちらにしても
大幅に グリップの移動に比べ
ヘッドの移動を増やさなければなりません。


自分の体の回転、胴体/骨盤の向きの変更によって
グリップを移動させることをスイングの土台に
している人にとっては不可能に近い方法です。

2010111116444243889


シャフトをしならせたり
シャフトをしなり戻したりして打つ
には クラブを持っている両手の動きで
それを行わなくてはイケナイ
つまり
「手でクラブを振っている」ということを
カモフラージュするための
ゴルフ用語 だということなのです。


その振り方を推奨しているような○○なひとは
おそらく
体を先に回し…それから振っているから
手ではなく、体で振っているじゃないか! と
言うのでしょうが。。。
体の回転で打っているのなら
  『体を先に回し・・・』
これそのものが打撃になる
筈なのですが
そのあとに
「それから振っている/打っている」
というその人たちには大切な
本当はおまけがくっ付いてきます。

手振り 手打ち というのを
隠すための用語なんですねー
   隠す…恥ずかしいなら辞めればいいじゃん…。


しならせ、しなり戻して打つ
というのは 体の回転も混じりますが
ヘッド右から左、反時計回りの回転(左回転)が
大小二つ混じった状態で打ちます。
その 横ビンタみたいな打ち方ですから
ボールにはその反対の時計回りの回転(右回転)が
入り易くなります。

しならせ、しなり戻す
という事は先に述べた通り
グリップの移動に対し、より多くのヘッド移動
ヘッドの移動道のりが必要です。
おそらく ちゃんとグリップの移動でボールを打つ
使い方に比べ 倍以上のヘッドの道のりが必要です。

それに伴い 外に、外にはらむ 遠心力も増大します。

よりヘッドを返し難い環境が増える訳です。

love

しかも ヘッドターン
しなり戻しを必要とするには
グリップの移動をどこかで急に減速しなければならず
よって、先に体を回し、体の動きが止まり始めたら
その反動で ヘッドを振るのです。
。。。。。体も壊しそうですねー


ここでその振り方のポイントになる訳ですから、
まあ どの道その振り方をするゴルファーは
テークアウェイでの右向きも猿真似程度の量ですが
それにも増して、右向き➟正面 それを先に行ってから
クラブを振り始めるので
絶対に 外からしか振ることが出来ません。
インサイドから振る時期を失っているのです。

それをさらに 疑似的にインサイドから振れば
ロフトやフェースの向きは だだ開きになりますから
フェースを返さなくてはいけない量は 倍増
より難しくなり、
どの道 インサイドアウトの軌道になるため
閉じなければならない量は とても多いのです。

結論として
シャフトをしならせて しなり戻して振る 打撃方法は
スライス製造装置、スライサー育成装置のような
打撃方法となります。

手振り
スライス製造打法
体にも良くなさそう・・・・

良いところが見つかりません…。