ゴルフだからと言って
ゴルフクラブだからと言って
地球上に存在する法則を無視するような
超常現象は起こし得ません。

そう言った意味でも
シャフトをしならせて しなり戻して打つ
というまことしやかに信じられている
妄想
検証してみたいと思います。


IMG_0536IMG_0539










.轡礇侫箸しなるのもしなり戻るのも
 グリップの移動が基礎になります。


シャフトがどんな高性能であろうと
硬かろうが、柔らかかろうが、弾性が高かろうが
シャフトそのものが勝手に
しなったり、しなり戻ったり することは
お天道様に誓ってあり得ません。

シャフトがしなったり しなり戻ったり
そもそも それが動作するのは
それを持つ打ち手が グリップを動かす
グリップを移動させることから始まります。

グリップを1个眛阿していないのに
シャフトがしなり始めたり、しなり戻ったり…
これは超常現象と言えます


ある一定の方向に、
そして ある一定の速度で等速、もしくは加速状態で
グリップが動いている限り
しゃふとは しなったまま です。
それは永遠に続きます。


グリップの移動が等速、加速状態で
シャフトがしなり戻ることもあり得ません。
それも超常現象です。

しなりもどす 方法は 二つです。
Ⓐグリップの移動を減速する、止める
Ⓑグリップの移動方向の
 急激に大きく変える


シャフトをしなり戻してボールを打つ
というのは 長い棒の先に付いた重量物・打撃点
ヘッドを その反動のような動きで弾く
という 嫌味に言えば浅はかなイメージから生まれている
と思うのですが、
その 弾く 行為には主にデメリットしか存在しません。
メリット・・・・無理に探すとすれば
打ち手の満足感…程度しか見当たりません。

u=341495341,3618090510&gp=0


シャフトをしならせ しなり戻す には
スイングの中で 必ず
 必ずグリップの移動の減速が必要・不可欠
です。

よく考えて下さい。
グリップが今まで移動している。
(それと同様にヘッドも移動しています)
其のまま等速・加速で移動していれば
(それと同等にヘッドも等速・加速移動しています)
それに準じたヘッドの移動速度が得られます。

しかし、そこでグリップを減速することで
シャフトがしなり戻り始めますが
それによって 元の速度を上回る速度になると思いますか?

止まる反動が
 元の移動速度を上回ると思いますか?

そのヘッドの重さに付いた移動の慣性力…
 その移動の慣性力の源はなんだったでしょうか?

u=3040139078,2324990219&gp=0


そのまま動かし続けた方が速くないですか?


IMG_0517IMG_0516











▲轡礇侫箸里靴覆蝓△靴覆衞瓩蝓,砲
 ロフトの大きな変化、フェース面の向き
 打点の位置の大きな変化が 必ず!伴います。


ゴルフクラブは構造的に
持ち手であるシャフト・グリップは
打撃点のヘッドの端っこに接続されています。
IMG_0479IMG_0480









シャフトがしなって、しなりもどる という動作は
ヘッドが大きく回転する動きになります。
横ビンタするような感じですね。
i320

ドライバーショットであれば
時計の針の短針 0分(12時の方向)を目標に
58分〜2分(広角24度)よりもずっと狭い
59分〜1分(広角12度)程度の狭い幅に打つような感じです。

野球のバッティングのように
結果として 90度の幅のどの方向に飛んでも良い
というものではありません。

シャフトをしならせて しなり戻して打つということは
この狭い幅の中に その横にビンタするような動きで
収めなくてはイケナイ ということです。

ゴルフクラブはその構造上
そのフェース面の向きには ロフト角度の変化も伴ないますから
打つ方向、打つ距離は偶然任せ になる動きに
なるのでしょう。

と同時に 同じくその構造上
そのヘッドの横ビンタの動きには
ゴルフクラブ本体にかかる不可抗力(遠心力や重力等)
と違う方向の シャフト➟ヘッドの重量の中心点(重心)
遠心力が発生します。
それは当然 ゴルフクラブ本体への不可抗力に影響を及ぼします。

シャフトをしならせて しなり戻す 行為は
シャフトの硬さ/柔らかさ、
シャフトのトルク、
ヘッド重量、
重心の位置、
ヘッドの軌道、
ヘッドの姿勢、
ヘッドスピード 等
によっても異なりますから
番手や機種が違えば、かなりの差になりますし
その複雑さから 二度と同じことが起こりえない程の
種類になると思われます。

スナップショット 1 (2015-07-24 10-23)



B之發琉堕蠹戮箒さは
 打撃物のモーメントによって決まります。


同じ打撃をするのに
ボールの重さは決まっていますが、
打撃する方の重さも重要です。
445413








シャフトをしならせて、しなり戻して打つ場合
移動しているのは主にヘッドです。
シャフトをしならせるには グリップの移動を止める
即ち 体の移動も止める(制限する・減速する)必要があります。

それに対し 体の回転でグリップを移動させている場合
動いているものは クラブも含めた自分自身
自分の大まかな体重です。

どちらが強いと思いますか?
どちらが安定しやすいと思いますか?


方向や距離の安定度を失い
曲芸のようなタイミングを追い求め
打撃の安定度も少なく
繰り返せる可能性の極めて低い その方法…。

自分の頭で考えられる人であれば
ゴルフクラブのその構造を見れば
その打撃方法が 非常に危うい ということを
想像するのは決して難しくないと思います。