練習場などで 多くの人がアプローチしているサマを
見ると ふと思うことがあります。

ボールと言うのは 当たり前ですが 球体 です。
その大きさは 約43mm 4センチ強の直径の球体です。

ところが 多くのゴルファーは
その 4其の球体というよりも 4其の白いコイン
を打とうとしているんじゃないか と思うのです。
adc717b3-s

しかも このコインを 前に飛ばそうとするのではなく
ひっくり返そうとしているように見えるのです。


ボールにも芯 ➟センターがあり、
その芯というのは クラブの芯よりも遥かに重要です。

逆に言えば、クラブの芯 とは クラブの真ん中って訳でもなく
ましてや重心の位置でもありません。
アイアンであっても ウッドであっても
重量の中心点はフェース面には存在せず
図に書いてあるような重心位置は
フェース面上を基準に測定した場所に過ぎません。
ボールと ヘッドの重心位置は触れることが出来ないのが
殆どのクラブの構造なのです。

あえて 言うのであれば
クラブヘッドの方の芯 とは
当たる場所を指すのでなく
クラブヘッドの動いてきた方向、立体的なベクトル
の事を指すのです。





クラブの方の芯の話はさて置き

アプローチショットだけでなく、パターでもそうですが
多少 ボールの自重で芝やマットに沈んでいるとは言え
ボールのセンターは、ボールの芯は
中に浮いた 地面から約2センチの場所にあるのです。
IMG-20130818-00414

ボールの底、4センチの大きさのコインを打つように
ボールを打っても、
ボールにはスピンばかりがかかり、
ボールは上に飛ぶばかりで、
思った距離になってくれませんし、
原則として ボールは自重で芝に少し沈んでいるのですから
その部分に歯を入れようとすること自体
始めから不可能なのです。

日本のプロが欧米の試合に出ると
欧米選手の体の大きさや飛び よりも
実は 日本よりも沈んだボールに苦労する のです。
飛び において 勝負は難しいのですから
そこはアプローチなりパッティングで勝負 となるはずなのに
そこの部分に苦労して 断念する選手や
小手先のスイング改造に挑戦しておかしくなる選手が
今も後を絶ちません。
090804_01

技術的な問題は別にして
ボールの芯は宙に浮いている という認識は
とても大切です。

そして アイアンで言うところの
上から打つ、ボールを潰す というのは
正確には スイングには前傾姿勢があり
右を向いている間は 左サイド
 ダウンスイング〜インパクト という時間で言うと
進行方向が低くなっており、
その低くなっている間に ボールに入ってくる
 という事を指すのですが、
少なくともイメージとして
ボールを進行方向に弾く のではなく
ボールの底を打つのではなく、
宙に浮いたボールの芯をフェース面で
 地面なり、マットに抑えつける
下方に圧力をかけてあげるイメージを持っておくべきです。
bd169146-s