ゴルフクラブの重さにおいて
かなり勘違いされ、思いこまれているところが多く、
しかも それは自称上級者に見られます。


自分の頭で考えてみましょう。

5番アイアンがあります。
ボールは夏の深いラフです。
ボールの重さは静止時、45g
打ちたい距離は 130ヤード位です。

090804_01


市販のゴルフクラブ
 ヘッド重量   240
 シャフト重量  110
 グリップ重量   50g

悶絶ゴルフクラブ サンプルA
 ヘッド重量   300
 シャフト重量   50
 グリップ重量   50g


目方…で言うと 双方同重量です。
この状況では どちらが強いと思いますか?

クラブには長さがあります。
ですので、目方と言う意味では同じであっても
重さはより遠方にある方が 当然効果としては重くなります。
090726_01

ラフに強い のは圧倒的にヘッド重量の重いものです。
ですので もし選択の余地があるのならば
短い長さの番手➟よりヘッド重量が重い
モノを選ぶ方が成功率は高くなります。




普通にスイングするのであっても
感じ方として 重く感じるのは よりヘッドの重い方
そして よりシャフトの柔らかいものです。
よって 安定的にスイングできるのも、
そして、そのヘッドの重さや、シャフトの柔らかさから
正しいスイングの使い方を学べるのも
よりヘッドの重いモノ、よりシャフトの柔らかいもののほうが
断然有利です。


ただ闇雲に 硬いシャフトを妄信しているゴルファーは
しならないシャフトをしならせて使う振り方を、
軽いヘッドを重く使う振り方をしているので
重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブを上手に使えず
選択肢がないだけのことです。



クラブの重さ・・・という点において
クラブの長さ はとても重要で、
単に製品としての長さ ではなく
使い方による長さはクラブを上手に利用できるか
の鍵になるとも言えます。

分かり易いので 5番アイアンで説明しましょう。
悶絶ゴルフクラブ サンプルA
 ヘッド重量   300g
 シャフト重量   50g
 グリップ重量   50g
目方で言うと 400gです。

ゴルフクラブが一番軽く使えるのは
グリップとヘッドが重量に対し 長さをゼロにした状態
スイングに言うと 概ねトップオブスイング付近です。
ここであれば クラブの重さは 運動分を除けば
その目方通りの 400gで済みます。
逆に クラブが一番重くなる状態とは
シャフト・クラブが地面の平行な状態、
この状態であると(正確には少々異なりますが)
400g×クラブの長さ という数倍の重さになります。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)
グリップを下に、ヘッドをその真上に位置させれば
バランスさえ取れれば 指でも支えられますが、
クラブが地面と平行になる状態だと
左腕一本で持っているのも辛くなります。

そして その位置関係を考えてみた時
ヘッドの方がグリップよりも高くなっていれば
クラブの重さは グリップを下へ下へと誘いますが、
逆に ヘッドの方がグリップよりも低くなると
(ボールを打たなければ同じですが)
定点にあるボールを打つのであれば、
グリップは上げなくてはならないのです。
スナップショット 4 (2013-03-18 13-18)

手首とか、コッキングを使いなさい という話では
ないのですが、せっかくアドレスに比べ
トップの位置は ヘッドの方が高くなり
その位置関係を意図的に逆転させるのです。
グリップ、即ちクラブを動かしやすい重量配分に
するのですから、それを利用しない手はありません。
その瞬間しか クラブを動かすチャンスはないのです。

ボールを打つ為の
 トップ/テークアウェイを考えなくてはなりません。

スイングの形を作るためのスイングは意味がありません。