全員…とは勿論言えませんが、
スライスに悩むゴルファーの多くは
ショットのスライス(特にドライバー)だけに限らず
パッティングやアプローチに悩んで います。

その理由の一つ、大きな理由の一つに
前日も書きましたが、腕と体の区別が上手くついておらず
自分では体と思っているが、結果としては腕
自分では腕と思っているが、結果としては体
 と
腕と体をひっくり返しに使って入る のがあります。

まずはテークアウェイで 体を回さず
腕でクラブを動かしている という主原因はあります。
本来、トップの位置では
そこから先に動作をしやすくなるため
腕も含め、クラブの重さが左グリップ・左ひじに
掛かるようにした方が良いですね





✊ダウンスイングで力む、とか
✊ダウンスイングで右サイドが下がる、とか
✊体重が右に残る、とか
✊体の開きが早い、とか

これらの理由は
テークアウェイも含め、トップでの
クラブ姿勢、クラブの位置によるものがほとんどです。
クラブの位置や姿勢による重さによって
その後の動きは仕方なく決まってきます。



まあ、とりあえず そこは「さておき」
アプローチショットのような
速度で何とか誤魔化して打つことの出来ないショットにおいて
腕と体のひっくり返しの使い方は致命的です。
重さによって 無自覚の場合は
テークアウェイ、トップでの位置や方法を見直してみましょう。




これはパターでも言えます。

パターの方が分かり易いですから
そちらで説明しましょう。
(これに関連するメールや質問も多数頂いています)

パッティングはスピードを特に必要としないショットです。
羽根が生えそうなほど軽い市販のパターであれば
飛びそうもない、届きそうもない という本能から
強く叩きたくなる、「弾きたくなる」のは致し方ない
かも知れませんが、弊社の重量級「L型ブリストルパター」
であれば、ボールを押してあげれば それで十分です。

弊社が提唱する「刷毛塗」
上腕と言うか、両腕の肘さばき
インドネシア?方面の踊りのような 体ではなく
腕のさばき、肘のさばきで打つ方が簡単ですし、
その肘さばきはショットの為にも、
スイングの基礎の動きとしてもとても有効です。

ところが 自分では上腕、肘さばきをしているつもりでも
肩を揺さぶる、もしくは

肩を揺さぶってから肘を伸ばす
という動きが入ってしまい
上を向いてから
 ボールを打つような状態になってしまっています。

sample 2009_11_10_22_54_10-570フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-588フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-596フレームショット





この部分は認識の変更と
技術的な部分で解消できますので
やってみましょう。

_に通し、前傾姿勢を維持させる
右腕を伸ばす という行為では
右腕を伸ばすことは グリップなり、こぶりなり を
体から離すことではありません!
特にここはスイングでも非常に有効なので
覚えておいてもらいたいのですが、
スイング・ショットのアドレス時、
体の姿勢には前傾姿勢があり、
その前傾姿勢に対し、自分の胸の下には空間があります。
単純にそれを「懐、ふところ」と呼びましょう。
腕は肩からだらんと垂れる位置に存在しています。
✋✋✋腕でクラブを振るスイングをする人は
アドレス時にグリップの位置をボールの方に出しているケースも
よく見受けます。

トップの位置で、右腕を伸ばしていくのは
その懐の中、運動によって腕やクラブの重さで
やや膨らむ〜体から離れやすくなる ので
その分を考慮して ものすごく体に近いところを通します。
20090801 2009_08_31_23_13_36-320フレームショット

また このポイントは重要ですが、
懐の中にグリップを通すことが
そのまま 「前傾姿勢を無自覚で維持する」につながります。
懐から外にグリップ(握り)を出してしまうと
その重さによって 体を起こさなくてはならなくなります。
ダウンスイングで、前傾姿勢/股関節 骨盤と大腿骨の角度差
なんて 割に鈍い部分を意識することは易しくありません。
ですので 自分で意識できる握り
 こぶし を懐から出さない
という事で、前傾姿勢も維持させる のです。



        …続きます。また明日。