本来 スイング軌道〜スイングプレーン とは
体が向きを変えることによって生まれる
インサイドインの 背骨を軸とし、
ヘッドまでの長さが半径の円弧です。
414

ただ ゴルフクラブの扱い として
アドレス〜テークアウェイ〜トップオブザスイング
〜ダウンスイング〜インパクト付近
まで ゴルフクラブが起きていて(立っていて)
短くなっているような状態で、

スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)

インパクト以降は クラブが長くなっている状態
なので、結果として
傍からは インサイドアウトに見えるに過ぎません。


それを基本に
人によって、アドレスの前傾姿勢、
その長さの変え方の具合が異なるので
色々な球筋になる訳です。
基礎になる円弧は同じで
その円弧の膨らみ具合が異なるだけです。


それを 手先やクラブを振る動きによって
やれ インサイドアウト だの アウトサイドイン
だのを作ってしまったのでは
自分の球筋が決められません。
IMG_0525

立体的ではあっても 概ね自分のスイング軌道が
決まっているから それに対しての
ヘッド姿勢を決めることによって
どんな球筋になるのか設定できるのであって
毎度毎度 その軌道が変わる可能性の高い
円弧の膨らみ具合でなく、ルートが変わってしまう
スイングでは 球筋の決めようがありません。

多くのゴルファーは
インパクト時の ヘッドの向きが
球筋を変えている という錯覚をしていますが、
ヘッド姿勢は スイング軌道次第なので
どちらかと言うと ヘッド姿勢よりも
シャフト姿勢の方が球筋には影響します。

IMG_0516IMG_0517









スライスを予防・防止するために
フェースを左に向けても
そのフェースを左に向ける行為が
ヘッド軌道を急激に内に切り込ませるので
アドレスに対しては 左を向いたフェースであっても
その軌道に対しては 開いた状態になりうるので
有効な解決方法ではないのです。





スイングの当たり前 であるはずの
打ち手はグリップを移動させることによって
ヘッドを移動させる
 という事を無視し
ヘッドだけを動かすスイングであれば
永遠に自分の球筋を決めることが出来ません。

IMG_0511

スイング軌道も 毎回、変数
それに応じたヘッド姿勢も 毎回、変数
 変数×変数 に答えはないのですし
ヘッド姿勢を変える ➟ スイング軌道を変える 
自分では 決まっている筈の軌道に対し
ヘッドターン/ヘッドを返せば
必ず その動作はスイング軌道を途中変更することになり
ヘッドターンをすれば 軌道は内側に切れ込みます。

よく言う 後ろを小さく、前を大きく
というの
スナップショット 1 (2012-10-26 2-44)
は 絶対にヘッドターンをするとなしえないのです。

この スライス回転やフック回転 の原理原則は
まったく 同じくインパクトのロフト効果にも作用します。
よって 飛び出る左右方向 だけでなく
左右の回転ばかりか
飛び出る上下方向やその回転具合

毎度毎度 変数になってしまう方法を追いかけては
いけないのです。
その方法ではクラブが活きてこないのです。