なかなか スライスの話に辿り着けませんが、
ロフト。。。の項目はとても大切ですので
しっかり理解してもらえると良いと思います。

ロフト角度とは
ヘッドの移動速度と重さが積算された破壊力を
ボールの打ち出し角度や回転に逃がすことによって
同じ打撃力であっても、技術を使わず距離を打ち分けたり、
一定の距離を打ち続け易くするための 逃がし です。
IMG_0518

よって ヘッドの入ってくる角度〜入射角度も
ロフトの一部と言えるわけですから
クラブの長さ・・・ 自体 ロフトの一部とも言えます。

多くの人は
クラブの長さが異なると、ヘッドの移動速度が異なるので
それが 距離の源 と考えがちですが、
長さによって 確かに破壊力に変化は生まれますが、
ゴルフクラブの構造は
基本 半インチ長くなると
打撃部分であるヘッドの重さは7〜10g軽くなります。
長さによるヘッドスピードの変化は
1インチ(2.54臓砲韮㎳はかなり難しく
3インチ(約8臓砲韮横蹌鹹度です。

3インチ短くなるとスピードが落ちますが、
その分 ヘッドは50g近くも重くなるわけで、
その破壊力そのものに大きな違いはありません。

そこの部分はこの位にしておきますが、
ヘッドの入射
角度はシャフトの前方の傾き分
そして 
 クラブの長さはイコール前傾姿勢の変化につながりますから
それも入射角度を作っていく要素の一つ という話…ですが、
実はそれには絶対条件があります。

それは
クラブの移動、ヘッドの移動を
ちゃんと 体の回転で行っている ということです。

それをいま普通の 肩から先、腕や手で移動させている限り
前傾姿勢にしても、クラブの長さなりの入射角度というのも
全く無意味なものになり、
全て 自分の技術力によって作り出さなくてはなりません。


そう考えると
いまふうのゴルフスイング
オンプレーンスイングが
現在のゴルフクラブを作ってしまっている、
そして そこまで深く考えないアマチュアゴルファーにとっては
ゴルフクラブを機能させないためのスイングを
無理やり洗脳されてしまう機械が今のゴルフクラブという訳です。
自分の運動神経や技術力中心に ボールを打つのなら
どのクラブを使っても差は出ないでしょうに…。

嘆かわしいのは
クラブを機能させないことを覚えさせるクラブを売るため
アマチュアがゴルフクラブの違いや特性をわからなくなり、
自ら どれを使っても同じ を作り出してしまっていることが
より一層ゴルフクラブが売れない原因 だと
気付いていない上に、売れていないから
 またその動きに拍車がかかるという事です。

IMG_0509IMG_0510IMG_0511









クラブヘッドの移動の原動力は
腕の多少の補助はあったとしても
基本は 体の回転です。

そして、クラブヘッドの構造は
長い棒の先の重さが付いていて
その根元の部分、グリップの部分を人間が
体の回転で移動させるから
結果としてヘッドも動くんです。


ヘッド「を」直接動かすのとは違います。

先端に重さが付いている ということは
その重さの分 グリップよりも動きたがらず
腕なども含めた クラブの長さが描くであろう弧
半径よりも ずっと内回りをした
グリップの移動量分(以下)だけ 移動することによって
自然なハンドファーストが生まれるのです。


そして それがシャフトの前方への傾き分の
ヘッドの入射角度を生むのです。


スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)
スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)










ヘッドを振って、ヘッドを前に出すようなスイングでは 
クラブの長さなりのスイングの弧も
ヘッドの入射角度も 製品のクラブの長さとも異なり
毎回毎回まちまち
なんの 規則性も生まれません。
IMG_0483

また 入射角度も クラブのメカニズムとは異なり
打ち手が自分で作り出すもので
ヘッドを振ることによって、クラブが重くなってしまい
右サイドが下がり、左サイドが上がる
のも 加え 打ちだしの高い・・・
高いというよりも ぽこん と飛び出ただけの
フェースに当たった 天ぷらのような球になってしまいます。
そのロフト、ロフト効果のもっと激しいモノ
そして ヘッドスピードの速いものが抜け球です。
IMG_0496


アイアンで言えば 隣同士の番手の
製品ロフト角度の差は 4度程度です。
時計の針の 秒針・分針の一秒・一分 は6度ですから
厳密にする必要はありませんが
インパクト時のロフト角度もめちゃめちゃ
入ってくるヘッドの角度(入射角度)もめちゃめちゃ
ヘッドを振ることによって左サイドが上がることもばらばら
このスイングを極めて行って
いったい 未来に何があるというのでしょうか?




           また 明日✋