良かれと思って クラブ開発をするとは思うのですが
 使い手である アマチュアゴルファーが
 どのようにクラブを動かしているか と
 切り離されて考えているように…思えてなりません。


最近よく見かける 昔で言うと、異形ヘッド
 巨大なマレットタイプ のパターで
 より
重心の深いもの
を造ったとしましょう。
スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)

殆どの部分が機械で打つコトを考えると
 理屈上 重心が深い分 ヘッドが前に出て
『フォローが出やすい』と考えるでしょう。


✊アマチュアの多くが採用される
   振り子式のショルダーストローク と組み合わせると・・・


フォローは出ます……ボールの進行方向…に出るは、出るのですが
 その分 上に向かって、上昇軌道、アッパーがキツクなります。
よって ヘッドがボールを上がり軌道、
しかも、それによって
ヘッドの歯で打ってしまう確率も跳ね上がります。
 
●ミドルレンジ、ロングレンジパットで顕著です。

✋パターを弾道計測すると分かるのですが
 通常 数百回転/分 と言う単位で転がり始めるのですが
 トップ気味、歯で当たってしまうと
 その回転は 簡単に 1000回転を超え、
 時として 3000回転になってしまいます。
4c9a0689
 パッティングはオーバースピン(順回転)…
 なんてよく言われていますが、
 ボールが地面を転がっている限り
 順回転なのは当たり前です。
 その言葉の意味合いは
 「適度な、適切な順回転」と意味ですが、
 どうも 思い違いをしている人も居るかと思うのです。

 空を飛んでいる時は空気、地面を転がっている時は地面、
 その摩擦、として回転があるのですから
 それが 過度のオーバースピン、過度の回転になれば
 それは
抵抗にしかなりません。
 ですので 強く打って、初速は速いですが、
 すぐにブレーキがかかってしまい、
 初速は速い筈なのに 遠くまで転がらない………
 と言う よく見かける、非常に多い アマチュアパット
 になってしまい易いのです。

自分のストロークがどういうタイプ なのか、
というコトを把握して マレットタイプ は選ばないと
「売り」である筈の「重心の深さ」がよりパッティングを悩ませることに
なってしまうのです。



そして、マレットタイプは
その見た目と本来の重心位置が大きくかけ離れているため
機械では真っ直ぐ引けても
人間の場合、テークバックでヘッドを動かし始めると
重心位置に遠心力が働き、下や外にはらもうとするため
概ねヘッドは外にあがってしまいます。
人間はそれを修正しようとしますから
外から内への8の字ループになってしまいます。
a08683cd

これで問題なのは
機械は8の字ループを描きませんが、
もし描いたとしても それを繰り返すだけです。
ところが 人間の場合
 それを良しとしませんから
ものすごく気にしながら テークバックを取ろう とします。

パッティングの初期の目的
.棔璽襪鯊任弔海
▲棔璽襪鯔召澆諒向へうつこと
ボールを望みの距離打つこと
に加え ぅ董璽バックで8の字をかかない
まで入りますから
かなり難易度が高くなります。

これに加え 見た目と大きく異なるヘッドの軽さ
ヘッドをより軽く感じさせるシャフトの硬さ
マレット型パターの場合、スチールのベントシャフトも
使われていたりしますから 余計ヘッドが感じにくく
動かさなければならない
8の字を描かないように動かさなければならない
そのヘッドの感触が非常に希薄なので・・・・
苦しむことになるでしょう。


  ///以上のことは、機械からは一切フィードされません。

感情や欲を持った人間…が使う ということが
とても希薄なデザインに思えます。