多くのアマチュアゴルファー、
殆どと言ってよい位のゴルファーは
程度の差はあれど こすり球/抜き球を打っています。

こすり球/抜き球の最大の問題点は
「とても体を痛めやすい」動作である
ということです。

左サイドを上げ、右サイドを沈め
体重を右腰に掛けたまま、右腰を潰した状態で
クラブを振りぬきますから 
腰が危ない…。
体が開ききった状態で 体に対し首を右に向けますから
首も怖い。。。
離れている左サイドに届かすため
左腕は突っ張らかった状態で 
肘や手首に負担を掛けます・・・。
o0361056812059034776

結果も伴ない難い というのは
ゴルフの常 ではあるのですが、
それが「故障」や「痛み」の主原因になりますから
早い段階で防いでおいた方が良いでしょう。


✋そこでドリル・訓練としてトライして頂きたいのが
右の手首のスナップを維持したまま
右の手首をのスナップ →手首が甲側に折れたまま
ボールを打つ、スイングを終える、スイングする、
というドリルです。
329500ce

クラブを振る、シャフトを振る、ヘッドを振る
というのは 右手のスナップ行為
手先や肘から先での横ビンタ行為 と直結します。
端的に言えば、クラブを振る行為は
単にビンタしているだけ のようなものです。

8a862ab6

どのような距離でも良いと思います。
始めは 数mのアプローチ
2mのアプローチでもよいでしょう。
それを徐々に距離を伸ばし
7番アイアン位を持って 10m..20m..30m..
スナップを維持したまま、手首を甲側に折ったまま
打ってみて下さい。
最終的にはフルショットまでもっていきましょう


右手首を甲側に折ったまま だと
ビンタして打つよりも
ヘッドは自分から遠くに行きません(離れません)。
ところが ビンタして、クラブを振って打つ人のほとんどは
手首でビンタする代わり、右腕は伸ばしませんので
必ず 右サイドが沈み、左サイドが上がります

両肩、体の左右がギッタンバッコン
(関西では バッタンギッコン…でしょうか)
するのは、両腕の長さに都合がついていない証であり、
それが 体の姿勢が原因か、腕が伸びないことが原因か
どちらにしても ショットの良し悪し だけでなく
体の痛みや故障の原因になります。

右手首の甲側へのロック、解放せず、リリースせず
ボールを打ってみる
というのは 同時に右腕を伸ばす訓練につながります。
6a874f9f-s

インパクトまでに 右腕を伸ばすのには
右サイドが高く、左サイドが低く 無いと実現出来ませんから
その体の姿勢を徐々に掴んでいってほしいのです。

右サイドが沈まない…俗に言う「突っ込まない」というのに
とても重要になるのが 左サイドの低さの維持 です。
右の手首が甲側に折れたまま
ゴルフ用語的に やや ハンドファースト で打つのには
当然、右腕が伸びている というのがあるのですが、
それは同時に 左ひじ、左腕が曲がり始める
両腕が同時に伸びる意識を取り去り
右腕が伸びる、左腕が曲がる
左腕が曲がる→短くなる→左サイドの低さ維持

につながってきます。
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

ここも 誰から教わってきたわけでもなく
おそらく写真なども見て なんとなく感じたことを実践
しているのだと思いますが、
インパクト時に 両腕を伸ばす
フォローに向けて 両腕を伸ばす
というのは 実施しようとすると百害あって一利なし です。
結果にとっても、クラブの機能を利用するのにとっても、
体へのケアということにとっても
インパクト時には 既に左腕は曲がり始める
というのはとても大切です。

進行方向の肘 右打ちの人にとっての左ひじがロックする
というのは そこで体の回転が止まる
 を示唆します。
スイングの中で 最大のスピード を作り出すのに
進行方向、一番前にある 左サイドが止まる
その止まったことを使ってスピードを出す というのが
体を壊す最大の原因になり得ます。
スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)

一般的に言われるスイングの常識に反するかもしれませんが、
インパクト時は 左腕は曲がる、曲がり始める
体の回転や右腕の押しによって 押される左腕は
左ひじを曲げることによって、左サイドの低さを維持し
その加圧によって 左ひじを曲げ
それを更なる体の回転につなげるのです。