ゴルフスイングを造っていく時、
ゴルフスイングを改善していく時、
ビデオや写真などの視覚映像は
出来るだけ「結果論」の照らし合わせ として利用し
形・型を追いかけていくのは避けるべき です。

少々 嫌味交じりで言えば
ゴルフスイングは 当人・本人にとって
楽に、繰り返し、遠くに飛ばせればいい訳で
他人にそのスイングを評価されるためのものではありません。

そのスイングの中で
ゴルフクラブの機能を利用していく
正しくは ゴルフクラブに動かされてしまう
ようにスイングするのには
ちゃんと自身の感覚としてクラブと自分の関係
掴むようにするべきです。





では二つの写真を見て下さい
トップオブザスイング、トップの位置での
クラブと自分の関係です。
、           □
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420












 ✊オレンジ色の線は肘から先の前腕
 ✊赤い線はゴルフクラブ・シャフト
 ✊黄色い➟は肘にかかっている重さの方向



左の,亮命燭任
両方の前腕の間にクラブがあり
左の肘の方が低い位置にありますから
グリップを通してのクラブの重さは
右ひじよりも「左ひじ」の方にかかっています。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)
こちらは 次の動作、ダウンスイングをするための
トップの位置 と言えるのではないでしょうか?




一方、右の△亮命燭任
ゴルフクラブは右前腕の延長線上
もしくはそれよりも外に位置しており
右ひじの方が左ひじよりも低い位置にありますから
ゴルフクラブの重さは殆ど右ひじにかかっています。

ce17f420アドレスの状態から
両肘の運動量、移動量は
圧倒的に左ひじの方が多く
50属幣絨銘屬鯑阿しています。
右ひじはアドレスの位置から
ひとこぶし〜ふたこぶし程度
動いたに過ぎません。
左ひじは上方だけでなく
横にもズレていますが
右ひじはその場でやや高くなっただけです。

ハミングバード視点では
この類のスイング、テークバックは
ダウンスイングの為のものではなく
テークバックの為のテークバック
テークバックを手抜きするためのテークバック
…クラブヘッドに運動の慣性を付けて
左手で跳ね上げれば、ゴルフクラブの構造上
この位置に行き易いのは確かですが、
最もダウンスイングがし辛い形、位置と言えます。


4bcbe6f4


理想論で言えば
元の状態に戻すのには より積極的に
より多く、より素早く 左ひじを動かす必要がありますが
この時点でのクラブの重さのかかり方では
右ひじを下方
(黄色い矢印で表示)
左ひじには上方に動くようにかかっており
元に戻すのには『真逆』な重さのかかり方と言えます。


厳密にする必要はありませんが、
理想論では クラブは体の幅の中で
インパクトは体の正面でとらえたい ですよね。
8a862ab6

体の正面でボールをとらえるのには
両方の腕が概ね同じ長さに
突っ張らかっている訳ではありませんが
概ね伸びたような アドレスに近い状態でないと
ボールを打つことが出来ません。
スナップショット 1 (2016-10-14 0-54)

当たり前ですが
トップ位置からは
グリップが高くなった分
グリップの位置も下げたいわけで
どちらの重さのかかり方が
よりその理想に近づけるか
より理想の形、理想の場所にもっていけるか
普通に考えれば 選択の余地は無いように思えます。





と同時に考えて頂きたいのは
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











この時に自分の体や腕にかかっているクラブの重さ
特に ヘッドの重さ のことで、
ヘッドには あの形 がある訳ですから
それが当然 
 ✋スイングすること
 ✋スイングし易いコト
 ✋ボールを打ち易いコト
 ✋繰り返し易いコト
 ✋体に負担の少ないコト

であった方が良いでしょうし
そう望んでいると思いますがいかがですか?

クラブの形、その形の創りだす重さ
ある意味負担とも言えますが
それを無視して 力づくてねじ伏せますか?
力づくてねじ伏せるため 
軽いヘッド、小振りなヘッド
硬いシャフトにすることが好ましい道でしょうか?






とはいうものの…
愚痴っぽいですが、最近では自称上級者のゴルファーも
クラブの形、例えばアイアンの顔
を「見る目」がとても幼稚にものになってしまっていますし
スイングの型を追い掛けろ という意味ではありませんが
かなり退化、30年分以上退化してしまった現在の
ゴルファーの『スイングアイ』では理解できないというか
自分の頭で考えようとしないのではないか とも思います。

誰々がやっているから とか
トッププロのスイングだから とか
そういう理由がないと そのスイングを肯定できない のは
とても疑問に、残念に思います。

自分のやっている動作・スイングは
いったい誰のためのものですか? と。
誰のスイングなんですか? と。