弊社のクラブは…
市販のクラブを一般値とするならば
常軌を逸脱した ヘッドの重さ
常軌を逸脱した シャフトの柔らかさ 
が特徴です。

市販のクラブも勿論そうですが
ゴルフクラブは体そのもので使った方が
より遠くに、より確実に、体も痛めず使えます。

ゴルフに関わらず
モノを移動させる時
軽いものを少ない距離動かす時は小手先…
体を使わずに肩も含めた腕でも出来ますが、
重たいものを動かす時
何度も繰り返して行うときは
腕はモノを掴むだけで、移動そのものは体で行うでしょう。
同じ動作を繰り返しする時は
実は小手先に頼らず、大きな筋肉を使った方が確実です。


腰を痛めたりした時の 物の拾い方や動かし方 なんかも
そうですねー。




✋ ✋ そこで質問です ✋ ✋

多くの方のゴルフ理論やゴルフスイングは
ダウンスイングから まず腰なり体を回して
その後打つ訳ですが、
当然 腕は体から生えています。
images20150404163453
Q:体を回して 体がボールと正対したら
打ってしまうのではないですか?

Q:体を回した後、何でボールを打つんですか?

とても下品な話ですが、裸になって
男性が お〇っこ しながら打つとしたら
お〇っこ がかかる時が 打撃ポイント/インパクト
なのではありませんか?


『体を回してから打つ』
と言う打撃論はそのまま手打ちを推奨してるのではありませんか?

『体を回すことが打つことそのものではないですか?』



……という事で

‖痢聞)を回して から
△修旅坩戮修里發里任覆 その後打つ

というのをゴルフスイングの当たり前にしてきた人には
ダウンスイング時/切り替えし時
 左ひじを動かす 左上腕を動かす
ことをイメージしないと
改善されることは無いと思います。

ゴルフのスイングは
左/右 の動きと
上/下 の動きが
アドレス時にある 
前傾姿勢と一番要(かなめ)の動作の向きの変更
によって 見事に作られています。



右を向いている時は
左 進行方向が低くなり
体(腰)先に回し
正面を作って『から』
クラブを振り始めたのでは
その間体を無理に止めておくか
振り始めて打つまでの時間分
体が開く=進行方向が高くなる ので
体を無理に止めておけば故障の元だし、
上を向きながら打ったのでは
故障の元ともに、ミスや飛ばない主原因になってしまう。

上に向かって振ったのでは
クラブの重さ、ヘッドの重さは使えない…。
まあ 力技というか、若い人だけの特権打法みたいな感じに
なってしまうだろうね。

さあ どうします?