誰もがゴルフを上手くなりたい と思っています。
誰もがボールをより遠くに飛ばしたい と思っています。

そのためには ゴルフはどういうゲームなのか を
理解しなければなりません。

ゴルフというゲームに馴染むことが上達することになり
ゴルフというゲームを掴めなくては
 上達の道を進み難くなります。

2f69dcd8.jpg


ゴルフは長時間のゲームです。
好いているコースをカートを使ってのセルフプレーでも
最低2時間はかかります。
少々 お客様で賑わう週末のコースであれば
4時間、5時間もかかります。

スコア…として100で回るとしましょう。
そのうち 40前後はパッティングストローク
アプローチも含め、ショットは60回…。
一回のショットにかかる時間は
自分の番が来てから打ち終わるまで15秒
合計で 自分の時間は900秒…15分
動作で言うと 一回は2秒
  合計で180秒・・・・3分です。


4時間のラウンド とすると
 3時間57分は歩いたり、止まったり、見ていたりしていて
動作時間は ラウンド時間の1%前後です。

自分の番は 5分毎…のような状態で訪れる訳です。
その間(ま)が大切になる筈です。


ゴルフというゲームは その4時間全部がゴルフで
1%満たないような動作時間がすべてではありません。

091018_1257~02


この時間配分は
観察したり、分析したり、設計したり
そういう事に重きを置くことを示唆しており
1%の反射行為のようなスイング時間や
配分として1%満たないような時間の
『運動性能』を競い合うようなゲームではないことを
示唆しています。



そこらへんを考えてみても損はないと思います。