飛ばすこととアプローチは
一見 正反対のように思えるけれど
とても密接な関係にある。
スナップショット 4 (2015-09-24 17-52)

ゴルフクラブは その『見た目』から
楽をして手抜きに使うのには
グリップを支点にその重さを使って
振り子のように「ブラブラ」と動かした方が
良いように思えてしまうけれど、
ゴルフショットには
✌左右の方向(左右の角度)
✌上下の方向(上下の角度)
が常時ついてくる訳で
ミスは当然出ちゃうけど、打つ前から
それが当てずっぽうな方法は出来るだけ避けたいトコロ。

クラブを振り子のように
グリップを支点にヘッドを振ってしまうと
その 左右上下の角度 が一定せず
毎度毎度打ってみないとその双方が掴めない。
5322-21-2015-1

そして 忘れられがち なのが
ヘッドの重さとその運動速度によって
増えたヘッドの運動慣性(外に引っ張る力/遠心力)
それは ヘッドの姿勢などによって量や方向が
毎回変わってしまい、それを補うために
体の姿勢 という 一番その上下左右角度を左右する
ものが動いてしまう。

クラブを振り子に使えば
必ず 前傾姿勢をスイング中失うことになり
それは腕とクラブの角度(ディッシュアングル)も失うことになる

4c9a0689この絵はパッティングストロークだけれど
これを基にアプローチしてしまうと
シャフト(グリップ)の延長線上に頭は来るから
インパクト付近〜フォローにかけて
頭は右に倒れるので
打つ前に想定していた スイングの最下点(ボトム)は
必ず 必ず 必ず ボールよりも手前になってしまう。
絶対に 最下点はボールやボールより前(進行方向)には来ない。

スイングの最下点がボールより手前に来ると
ダフリ と トップ もミスは必須で
それは表裏一体の関係から 必ずいずれかが出る



そして 本題の部分で
密接に「飛距離向上」とつながる部分なのだが
adc717b3-sゴルフクラブをこのように
振り子に使ってしまうと
例えば
 基本にした距離 1
 運動速度(量) 1
とした場合
運動速度を 10% 20% と増やしても
距離がそれに応じて 10% 20% と言わないまでも
それ相応に伸びない。
勿論運動を増やした分、そのまま比例して伸びる訳ではないが
こすらないで打てば 増やした分の比例法則が生まれるけど
こすって打っていると その比例が生まれない。
bd169146-s

なぜならば 始めから ボールに推進力を与えるのでなく
ボールを回転させることを主眼にした動きだからだ。
運動速度 ⇔ ボール速度 はつながっても
運動速度 ⇔ スピン はつながりにくく管理し難い。

計測しながら 小さな距離を打ってみると
とてもよく分かるのだけれど
距離感が感覚として身に付くのには
出来るだけ ロス率の少ない
ボールの打撃力(破壊力)が
 主に推進力になり 付属として回転と角度(打ちだし)
になる方法でないと、途方もない量の練習と頻度が必要になる。

逆にロス率
ボールの打撃力を主に回転になる方法では
同じ回転であっても 距離がばらつき
特に 振り子打法の場合、ショットに
微妙にダフリとトップのミスが
かなりの頻度で絡むので距離感を掴むのは容易ではない。


スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




この連続写真を見てほしい
体は回転しているけれど
クラブの回転 振り子の動きが殆どない。

スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)








出来れば 肩の揺さぶりでなく
右を向いているうちに
腕なり、肘さばきで
アプローチのトップの位置で出来たクラブの姿勢をそのまま

この上から見た画像のように
クラブのグリップとヘッドの位置関係を出来るだけ変えず
まだ右を向いているうち、左サイドが低いうちに
グリップでブレイクラインを割る 
そんなイメージを持って貰いたい。

スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)おそらく だけれど
体を途中止めたりせず
インパクト付近がこの体の向き
でおさめるのには
相当早く 自分の思っているよりも
格段に早く
体を止めておいて まずは 肩でなく 肘さばきなり 腕さばきで
グリップを動かし始めないと
結果、インパクトのタイミングでこの向きは作れないと思う。

厳密にする必要はないけれど
これよりも遅れる ということは
体は開き 体は上を向く という事になる訳だから
ミスの原因にも 飛距離不足の原因にもなるし
ヘッドの重さが使えない
 逆に負担になってしまうスイングになる。

体を右に向けた 止めておく 位でないと
多分難しいだろう。

10ヤードか 20ヤード
9番アイアンあたりでこうやって打つと
少ない力で 速い 低めのボールが出て
2バウンドか 3バウンド目に ブレーキがかかる
とても距離を管理しやすいアプローチになる。