お店に初めて来られたお客様 で
そのお客様のゴルフ歴やハンディ、
年齢、性別、運動神経などに
ほぼ全く関係なく


ヘッドの重さを使えるか
シャフトの柔らかさを利用できるか
上から打てるか



それらの見極めは
テークバックに
 右ひじを外に張れるか
どうかでおおよそ見当がつきます。

逆に何年かかっても
上手くいかない人の多くが
✊テークバックで右ひじが外に張れない
✊右ひじが上げられない
✊右ひじが動かせない方で
そこがクリアできないと
先に進めないのは事実です。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c620150330_237549










この二人を比較してみて下さい
トップの位置での
✴自分の上半身をヘッド

タイガーはフェースが胸に対し
90度倒れてしまい
90度ヘッドを回転させてこないと
ボールを打つことが出来ません。

タイガーは腰はボールを向いているのに
肩回り、肩甲骨だけが動き
体が非常に捩じられており
ここからダウンスイング始めると
体は離れながらボールを打つことになりますから
殆ど曲芸的なショットになります。

これは 練習量が少なく
運動性能も当然タイガーよりも低い
オジサンゴルファーが真似て良いことは
ない ということです。

なぜ こんなに複雑に体を痛める
使い方をするんですかねぇ 不思議…。