スライスの出る原因 でよく言われるのが、
『外から降りてきている』
『アウトサイドインだ』 …ですね。

これを「ヘッドの軌道」で考えてしまうと
スイング迷路に入ってしまいます。


鼓笛隊 モデルケース-125フレームショット53









この二つの写真は
二人の人のトップオブザスイングです。
全く別なものに見えますよね。
左に比べ、右は 俗にいう
「手で上げた形のスイング」に相当します。
手で上げる というのは
骨盤から上の胴体が一体になって動かず
「肩をまわす」という言葉に踊らされて
動体を捻っている状態を指します。

右の写真のトップで
ここからクラブ(ダウン)を動かし始めると
動き出した途端に
体は開き始め
その開き具合と同時(同量)に
体が上を向く(左サイドが高くなる)ことになります。
53
このトップ、このスイングには
殆ど インサイド というのが存在しません。
インサイドはこの写真の視線(方向で)
ボールから離れていく、遠くなること
遠くなる➟近くなる(アドレスに近い状態)
が インサイドから という意味なので
このトップからボールを打ちに行ったのでは
瞬時に体が開き始め
ボールに一番近い状態→ボールに離れながら
ボールを打つことになります。
 ☞ これがスライスの源 になります。

この状況 から
無理やり ヘッドの軌道だけを考えてみても
根本的な解決にはなりません。
0-0763-1388

骨盤がしっかり右を向く というのは
インサイドから というのと 上から というのを
同時に作り出します。

この基本が無いと
小手先での スイング軌道造り になってしまいますから
軌道が出来るとヘッド姿勢が満たせず
ヘッド姿勢を良くすると軌道が外から になってしまい
絶対に解決することが出来ません。


ボールを上から打ちたい
ボールをインサイドから打ちたい
アウトサイドから打ちたくない
煽り打ちをしたくない

の主原因は テークアウェイでの
『骨盤の右向き不足』
にあるのです。

どんな形になったとしても
どんな格好になったとしても
骨盤が出来るだけ多く、大きく
右を向くことは スイングの中でとても大切です。
6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6

テークアウェイで右ひじを外めに出すのも
それが理由とも言えます。

理解できている人にはくどいかも知れませんが、
ここの部分が欠落しているゴルファーが
あまりに多いので、繰り返し記事にしてみました。
点検してみて下さいね👀