スライス こすり球を常用としているゴルファーは
ゴルフが安定しない「選択」をしています。
0-0763-1388

ゴルフ・ゴルファーにとって
スライス・こすり球は忌み嫌われるのは理解できますが
ゴルフを安定させ、向上させるのには

 ✌逆球を打たないことはとても大切です。

逆球とは 概ね出るだろう「
曲がり
例えば いつも「
右曲がり」の人が
その反対の「
左曲がり」の球を打つことを指します。

✋右曲がりの球にも、左曲がりの球にも
長所短所は存在します。

右曲がりの傾向は
距離が出にくく、弾道が高く、風に左右されやすく
番手に不得手得手が多いことで
左曲がりの傾向は
距離が出るが曲がりの危険度は高く、弾道は低い
同じく番手に不得手得手があり、
左曲がりの出し方によってはバンカーを苦手としています。

ゴルフはコースを攻略して
無駄なショットを極力少なくするところにありますから
ボールの飛ぶ方向は当然大切です。
u=341495341,3618090510&gp=0

右曲がりの多い人が
コースで突然逆球を打ってしまうと
当然 右曲がりを計算して構えを向けていますので
そのまま OBやスコアの直結するミスになってしまいます。

ところがショットのそのもののメインテーマを
小手先によるスライス封じ にしている限り
右曲がりと逆球は くじを引くように 交互に
しかも意図せず出てしまいます。

それがスコアを頭打ちにするのです。

右曲がりは前述の通り
距離が出にくく、弾道が高く、風に弱い
その代わり OBになるほどの曲がりは少ない ので
決め打ちしてしまう と言うのも一つのアイディアです。
でも、ショットの基本、基礎を『スライス殺し』として、
それを金科玉条のようにし続けている限り、
それも難しいでしょう。
こすり球を常用する人がスコアが伸び悩むのは
ショット = スライス殺し という
メインテーマがコースでも続くことです。
2f69dcd8.jpg

ゴルフスイング・ゴルフショットは
自分の動かすゴルフクラブや腕など重さの
その動きによって作られる重さのベクトル(方向)
不可抗力をいつも体が反射的に補足するものです。

スライス殺しを小手先で行う動作は
小手先はスライスを殺しているつもりでも
その動作によって生まれる不可抗力封じのための
体の動きは『スライス促進』してしまう という
矛盾の中から抜け出せないことにあります。


アプローチでの基礎からのスライス撲滅の前に
少なくとも ショットの練習やコースで
テークアウェイの始まりを 右ひじで
その右ひじをアドレス時の後方(背後)に
肘鉄をくらわせるように上げることを心がけて下さい。


右ひじを体に付けて
遼君のように右ひじを体に付けて上げるスイングを
肘を外に開いて、出来るだけ両肘の高さが
前傾姿勢なりに揃っている(胸に平行)を保てるだけで
それ以降のスイングは兎も角
だいぶ スライスは軽減されると思います。

そのテークアウェイでの右ひじ使いは小手先のため
ではなく、体の姿勢を作ります。
鼓笛隊 モデルケース-143フレームショット

右ひじを後方に引けば
右ひじを体に付けてテークアウェイを取るよりも
はるかに体が右、骨盤が右を向きます。

骨盤が右を向く ということは
スイングをインサイドからする
ショットをインサイドからする
『機会』を圧倒的に増やします。

骨盤が右を向く ということは
打撃の進行方向に当たる左サイドが低い時間を増やしやすく
ボールを上から打てる ☞ ボールを潰せる
『機会』を圧倒的に増やします。

スイングは小手先で覚えるのは間違っていませんが
小手先で覚えることによって
無意識なうちに 不器用な体をコントロールする のが目的です。

小手先で小手先のスイングを作っている限り
体を壊すほどの練習量が必要になってしまいます。