ゴルフショットのミスの原因
その一つ、とても大きな原因が
「回転…右向き不足」にあります。

この場合の回転 右向きは
骨盤の向き、あそこの向きを指す のですが、
例え テークアウェイ時に
手さばきが入ってしまっていたとしても
十分な右向きを作れていれば、時間が稼げるので
ミスになる可能性はグンと下がります。

特に現場の場合
メンタルも絡んできますが、
やはり ボールを見過ぎてしまう ことによって
顔が軸、顔が支点になって動いてしまうような
そんな原因で右向き不足は発生します。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




スイングの軸になるのは
体の部位では背骨に当たります。
背骨の延長は 頭部にとっては後頭部に当たる訳で
眼の付いている顔の部分は
顔というか、頭の厚みの分だけ前にあります。
スイングで 向きを変える時
ボールを見る・見ないは別にし
体の向きとともに顔も動かせば
頭の厚みの分が半径になって
右向きと左向きでは顔の厚みの倍分 移動するのです。

ところが
やはり コースではミスを恐れるあまり
眼とボールとの距離を一定に、離せなくなってしまう…
そのお陰によって
体の周りが不十分になる可能性があります。

正直、ゴルフのボールは静止した状態です。
自分がボールを打つまでは 同じ場所にあります。

ボールを見ているコト よりも
体を十分回す方が重要で
ハミングバード的には
胸〜骨盤の向き通りに 顔も動かした方が
より楽に体を回せるようになるのでお勧めしますが、
少なくとも 練習では
胸の向きと一緒に 視界も顔も結構大胆に動かした方が
体の向きの変更は楽になります。

現代のスイングは
テークアウェイで左を向いて
フォローで右を向く という大変異質なスイングです。
それは首回りや脊椎に負担を掛ける方法で
アマチュアがゴルフを楽しむには不適切です。

フルショットでは難しいかもしれませんが
短い距離のランニングアプローチでは
是非 胸の向き通りに 顔や視界を動かして見て下さい。
今までもよりも ずっと自由に、楽に
向きを変えられるようになります。