テークアウェイでの腕さばき、肘さばきのコツ
というか、参考になるのは、野球で言うところの
捕手(キャッチャー)の送球に大変似ている。

ボールを取ってから
ゴルフで言うところのトップオブザスイングに行くのに
右のこぶしは直線でしか動かしていない。
例えば へその前でボールを取ったら
そのまま直線で右の耳の横にこぶしをもってくる…感じ。

bb-20110511-004-ns300
それと同時に体の向きを変えているので
ボールの動きを見ていると
円を描いているように見えるが
股関節から上の胴体が脚というターンテーブルの上で
向きを変えただけで、腕を振っている訳ではない。

クラブ扱いで重要になるのは
グリップに対し、ヘッドを多く動かさない。
グリップの移動量に対し、ヘッドの移動量も合わせる
というのが基本になるのだが
腕に対しても同じで
右腕〜利き腕 のこぶしと肘の移動量を
同じに動かしてあげる
 ことが
そのままクラブ扱いに繋がってくる。
IMG_0377

つまり 体の向きの変更によって動く分を除くと
腕によって ヘッドを動かす量は
肘を動かす量と同じ
 
…ということなのです!
ヘッドは行きも帰りも肘の動かす方向や量次第。

多くの人は ヘッドは肘から先で! って考えがちですが
肘そのものの動きがヘッドの動きなのです
IMG_0363

肘から先でクラブを動かすと
腕も、クラブも円を描くことになり
不必要な遠回りをしてしまい、時間も合わず
体の回転に付いていけなくなります。
結果、最後は体に置いて行かれた分を
腕で取り返すことになり 手打ちになってしまうのです。

パターでも、アプローチでも
肘≒ヘッド の感覚で練習してみて下さい(^_-)-☆