自分とボールの方向
ボールに対する遠近の位置関係で
アドレス時が一番ボール側に近い位置にグリップがあります。
d11be403-s
テークアウェイをとっても、
フォローをとっても、
動作が始まると グリップは当然
ボールから離れていく方向(自分側)に動くわけです。
体の向きを変えた分リニアに動く。

写真で言うところの横方向
ボールの飛球線と真っ直ぐ動く瞬間はないわけですよ。

ヘッド、もしくはグリップを真っ直ぐ引く…
という言葉は
自分の体、上半身、胸に対して真っ直ぐ引く
という事とともに
その土台になる 自分の体や上半身、胸は
『常時向きを変えている』
その 常時向きを変えている というところを
多くの人は欠落させてしまっていると思います。

これはアプローチであっても同じです。

体でクラブを動かす努力をするにしても
手で動かしてしまう(原則ダメですけど)にしても
必ず もっともっとインサイドにグリップを動かさないと
いけないです。

2010111116444243889体の向きは右向き
グリップは飛球線に真っ直ぐ…となると
クラブやヘッドは勿論、グリップも自分の体から
離れてしまうことになります。
←これなんかは最悪のパターン
ゴルフのスイングの場合
基礎になる運動の時間軸は
体の向き。。。なので
グリップを体から離してスイングしてしまうと
上半身の不必要なねじれの為
体の向きの変更も中途半端(浅く)になり
ヘッドの通る軌道がものすごく長くなってしまうので
減る時間軸&増える道のり
これを解消するのには「急ぎ」が必要になります。

体から離れて クラブが長くなったのと同じ状態で
それに意味不明な加速度が加わるので
クラブはめちゃめちゃ重くなるわけです。

テークアウェイの時点で
不必要にクラブが重くなれば
当然、それ以降でクラブは遅れます。(右にズレます)
ゴルフクラブにとって遅れる/右にズレる というのは
≒ ロフトを開く ということになるので
ロフトを閉じる という作業が不可欠になるのですが、
😱体の廻りは中途半端
😱ヘッドの道のりは異様に長く
😱テークアウェイ中に不必要な加速による負荷増大
ということで この時点で
上手く打てる、遠くに飛ばす
という確率はぐんと下がります。

体にもとても悪いのに
この打ち方では 練習量/練習頻度が絶対必要‼
になります。 ☞アマチュアの壁 とも言えますね。



このグリップを体の回転でインサイドに引く

という練習はアプローチにも当然有効ですし、
アプローチから始めなくてはイケナイでしょうね。
お家でのシャドースイングで
クラブを持たず、壁を目の前に
アドレス時、グリップを壁に付けて
外に上げられないよう始めてみるといいかも(^_-)-☆です。



52442_360240遼君も何を信じて
こんな練習をするのか
イマイチ理解出来ないです。
稼げるだけ稼いだから
もういいのかも知れないけど
一年を通し,それを5年、10年キープするのには
このテークアウェイの取り方では
成績を上げる前に、体が壊れてしまう
このテークアウェイのドリルを見ても
手でしかクラブを動かしてなくて
その分、体が前に倒れてしまっている。
これでは 起き上がりながら打つしかなくて
プロで、賞金王にもなったけど、
アマチュアが真似るべきスイングではないわね…。