クラブを振ってしまう…
クラブを振らない…
そこらへんが掴めない方がいるので
ドリルとしてトライしてみて下さい。

L型ブリストルパターを持ってきてください。
☎こいつを片手(左手)だけが素振りします。


重いですよね。
始めは広いところの方が良いです...たぶん。

一般的なのスイングイメージだと
トップの位置から 体をまず回転させて
体が正面を向いてから 左肩を軸に
腕クラブを回転させるようなスイングになると思います。

が しかし 左手一本、片手で持っていると
L型ブリストルはとてもじゃあないけど
持っていられないというか、痛いです。
握力も持たないですね。
スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)

では、こうしましょう
トップの位置から
クラブの重さに従って左ひじ・左上腕を落とすというか
緩めます。
スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)

シャットを作る意識をもって
クラブの重さを利用してどんどん左グリップを
進行方向に逃がします。
スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)

この時左腕を伸ばす意識を持ってしまうと
左グリップの移動、体の回転は止まってしまい
クラブの重さが左グリップの移動、体の回転に使えず
その重さ分だけ左肩が上に逃げてしまいます。
そこ、注意ですね‼
スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)
体の回転は左グリップの移動を補助するように
後追いで付いていく感じです。
スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)
今までのイメージからすると
相当早い段階で左上腕〜左ひじを先に逃がさないと
クラブの重さが 運動の負荷になり動きを止めてしまいます。
スナップショット 7 (2016-07-27 18-57)
これがスイングのイメージそのものです。

普通のクラブを振るスイングでこれを行うと
このドリルをするのにかなりのスペースが必要になりますが、
このようにクラブを扱うと
少々オーバーですが、体の入る筒の中で
スイングが可能になるような感じです。

クラブの重さを使って如何にグリップを動かすか
グリップをいかに体から離さず、出来るだけ近いところを
移動させられるかを感じられると思います。

スナップショット 2 (2016-07-27 18-55)スナップショット 3 (2016-07-27 18-56)スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)










是非トライしてみて下さい。