インターネット上のスイングレッスンの動画などを見ると
この人「本気で」言ってるのかな…と思うほど
強引なスイング論を展開しています。

手でシャフト、クラブを振るスイングの基本は
車のハンドルを切るような
左右の腕の捩じりによって ヘッドを速く、
シャフトを素早く振ることです。

ヘッドを前に出す
(スイング軌道の進行方向の前)
というのは積極的ではないですが
グリップを後ろに下げる
という事と同意語です。

当然グリップが後ろ、体に対しては右側に残り易くなります。
今のスイング論では体重移動があまり語られない のは
そう言う背景があり、グリップが右に残れば
体重移動は出来ない のです。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

上を向いて 体重は右 (これも同義語みたいですが)
となれば、左腰 左側帯は伸び
右腰、右側帯はつぶれる姿勢を多く作ります。

運動の一番はげしいところ で
常時、右腰がつぶれ、左腰が伸びる。

そのうえ オンプレーンスイングで
満足する当たりを出すのには
本来必要な練習量や球数の数倍必要になります。
2時間打ちっぱなし みたいな練習方法です。

まあよほど鍛えていない成人男性では
右の腰はもちません。

体を上に向け(左サイドが非常に高い姿勢)
体を開いた状態でインパクトに入っても
ボールを見ようとするので
首の左側が極端に伸ばされ ここを痛める可能性も否めません。

あと グリップの移動を抑え、
ヘッドの移動を多く速くしますから
その支点になる左手首、左ひじは
かなりねじりによって負荷がかかるので
ここも痛める箇所です。

右腰。左首。左手首。左ひじ。
そして必要不可欠な過度な練習量。

スナップショット 1 (2014-06-26 13-45)

私、思うんですけど
今のプロゴルファーやスイングを教える人って
当たり前ですが それを職業に出来るほどの練習を持って
そのスイングを身に着け、
練習量を維持しないとすぐにそのスイングは自分から離れる…
そのことを忘れているんじゃあないですかね。
アマチュア、オジサンゴルファーは
スイングは覚えたいけど、覚えたらそれを維持するための
練習が欲しいとは思っていません。
そこの齟齬に気付いていないような気がします。