とてもとても大切な
 スイング・クラブの動かし方 で
鍵になる話ではありますが
とても難解な内容でもあるので
頑張って読み取ってください


ゴルフスイング…とは確かに
体の動かし方第一ではなく 
 
どうクラブを動かすか
であることは間違いありませんが、
クラブの重さやシャフトの働きなどを使って
動き〜動作も手伝ってもらいますが、
覚える や 繰り返す という事を考えると
やはり「動作」「動き方」
「動かされ方」
を覚える必要もあります。



では…

まず 実験をしてみて下さい。
6番アイアンを持ってきます。
ほどほどに空間の広さがあれば家の中でも可能です。
(十分に気を付けて下さい)
自分のショットのイメージ通り、
自分の頭の中にあるボールとヘッドの接触の仕方通り
ボールを転がしてください。
1.アドレスします。
2.普段よりボールの近くに、触れてしまうほどの位置に
 ヘッド(フェース)をセットしてみて下さい。
3.テークアウェイ方向には1mmも動かさず
 一切テークアウェイを取らず
 ボールを1mでいいですから前に転がしてください
  
➡10mなんか狙うと壁や天井が壊れます

4656cec4この時にソールを前に出すように、
リーディングエッジを前に出すように、
フェース面を空に向けていくように、
動かしている・・・
シャフトの角度がこの角度から見た時
6時➡5時➡4時➡3時と動かしてるとしたら
リーディングエッジとかを前に出すようにしたら

それはスイングではないのです。
それは動作ではないのです。

それは単に クラブだけを動かした のであって
動作が伴っていません。


➡ちなみに正しくは ボールを1m転がす のですから
 動かすのはリーディングエッヂでは動かすのではなく
 トップエッジを動かして、
 上側を倒してボールを前に出すのです。
 リーディングエッジを動かして、
 ヘッドの下側を前に出して打つのではないのです。
 この感覚(イメージ)はパッティングも同じです

ボールを打つ インパクト部分でボールをさばく
そこの一番大切な部分、そこにそのイメージがある限り
全ての動作は そのために! 動きます。
4656cec4

ボールをさばくその大切な部分で
クラブ、特にヘッドだけを動かすショットをする限り、
そのイメージにある限り、
そのヘッドの移動や姿勢など は
打ち手の動作と直にリンクしていないので
ナイスショットをしたとしても
ミスショットをしたとしても
動作とクラブの移動が直接リンクしてないので
修正も繰り返しも基本不可能なのです。

何故ならば いくらクラブの重さで動かされる
それを利用してスイングするとは言っても
『動作』でスイングを覚えるのだから
その動作が ヘッドの移動や姿勢とリンクしないものは
学んでも、修正しても、ヘッドとリンクしないので
何も変わりませんし、何も身に付きません。

ヘッドだけを動かして ボールをさばくイメージが
スイングと呼ぶものの基礎にある限り
スイングという動作を覚えても
まったくもっての無駄です。

意味わかります?

多くのゴルファーがやっているのは
動作としてのスイングではなく
ただ動作と結びつかないクラブ、
特にヘッドを動かす曲芸であって、
クラブ、ヘッドと動作が直接結びついていないのに
それを動作で治そうとしても変化が起こる訳ないでしょ?


意味わかります?


この話はとても大切です。
スイングを クラブの重さに動かされる としても
動作として覚えたい! と思っている方は
是非 どんなことでも良いのでご質問下さい
コメントでもメールでも☎でも結構です。
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
記事内にてお答えしたいと思います。