ショットもまったく同じです。
でも 取りあえずパッティングストロークやアプローチから
始めましょう。

距離感を司るのは『利き腕使い』です。
特にコントロールの必要なケース、
微妙な距離感は利き腕(肘)の使い方です。
ショルダーストロークでは
そんな距離感は出せません。
006009







並びに 球体であるボールを弾いて打ったら
一定の距離感は身に付きません。
パッティングは「オーバースピンを!」なんて標語は
まるで意味がないのです。
ボールは地面を転がる限り 順回転
(オーバースピン)になります
必要以上のオーバースピンを与えてどうなります?
転がりというのは基本転がりという「抵抗」です。
それを増やすことになるだけです。
弾いて打てば 距離感、方向も
毎回かなりぶれることになります。

adc717b3-sbd169146-s





距離感とは ボールを水平移動させることです。
ショットの場合は安定した距離を打つ為
浮力が必要になるだけで、パッティングの場合は
シンプルな水平移動でいいのです。

ならば 押してあげたい方向に押してあげたいだけ
押してあげればいいのです。

グリップは左右の握りが重なっているのです。
右腕で クラブを握っている左手を左に
押してあげればいいんです。
体から離れないように 左に押してあげればいいんです。
グリップを動かす速度で距離感が決まるんです。
IMG_0377IMG_0375





その時に注意するのは
 ➡肩を揺さぶらないで
右ひじを伸ばすのと 左上腕を動かすのは
ひとつの、パックの動きです。
右ひじが伸びて行くと左手首が手のひら側に折れていく
そんな感じです。

ボールを転がす…というイメージよりも
『氷の上でボールを滑らす』イメージの方が
良いと思います。