パッティングストロークにおいて、大切なことは ボールを
「望みの方向に、望みの距離移動させること。」
だと思う。

009

         この写真も面白いよね
         パターを横一列に並べただけなのに、定点撮影のために
         パターは開いたり、閉じたり して見えるよね


距離感とは 誰からも教わることも出来ず
誰に教えることも出来ない
不可侵な「感覚」…
理屈ではどうにも出来ない部分が大きいでしょう。


それを育む上で
出来るだけボールの移動スピードと
それを作り出す パターの移動スピード が似ていて

リンクすることが とても重要だと考えます。

目で見えるボールの移動スピードを感覚的に把握 して
芝目や傾斜などに 出来るだけ左右されにくい
影響を最小限に抑え、人間の感覚の中にしか存在しない
その「距離感」を表現しやすくしておく方が良いと思う。

昨日も書きましたが
現在の市販されているパターは致命的な欠点を抱えています。
「ボールが飛ばない」ということです。
望む距離を「届かせる」のには
ミスを生みやすい 大きな・速いストロークが必要で
それは ヘッドを動かすスピードとボールの移動するスピードが
4c9a0689リンクしにくく(感覚的に)なり、
大きなストロークにするために
縦に大きく上下して弧を描くストローク法は
ボールの回転を多く生み出す「弾く」打ち方で
回転が多くなるがゆえに、芝目や傾斜にも影響が受けやすく
回転が多くなるがゆえに、転がり抵抗が大きくなり過ぎ
ボールのスピードの変化、減衰は激しくなるので
元々「曖昧な」距離感が余計怪しくなるのです。
    …言葉遊びになってしまいますが、この部分は大切です。

弾くように打たないと 届かないパターではなく
押すように打っても 届く方が簡単に出来ます。

それはショットも同じです。
同じ距離を安定して繰り返せるようにするため
ボールの回転や打ちだしの角度によって
球状の物体を「飛翔」させるのであって
ボールを望む方向に、望む距離を移動させることに
違いはありません。

パターだけに限らず、ゴルフクラブも全く同じ状況で
弾かないと飛ばない…というところから
全て始まっていて、そちらが卵で スイング論は鶏なのです。
・・・それは兎も角、ショットであっても、ストロークであっても
ボールを望む方向に、望む距離を移動させる という
ショットの基本概念をもう一度考えた方が良いと思います。

スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)


市販のパターでのストロークと
進化版L型ブリストルパターのボールの移動を比較すると
明らかに違います。

同じ距離を打つのに 市販のものでは
ボールの打ち出しスピードはかなり速く、
かなり早い段階で減速が起こります。
かたや、ブリストルでは ボールの打ちだしはもっと遅く
そのスピードはなかなか減速しない「感じ」です。

グリーン上は平ら…とは言い切れませんが
シンプルに言えば 平面上を「転がして」移動させる…
ということで 転がすということが重要なのではなく
「移動」させる物体が球状しているので
結果として「転がって」移動するに過ぎません。